FC2ブログ

アメリカをどう思うか

ロシアの軍学校で、教官が若き士官候補生達に質問した。

「諸君はアメリカをどう思うか。」

すると一人の若者が勢いよく立ち上がり答えた。

「はい、奴等は資本主義の下に堕落し、労働の価値を貶め、国は活力を失い、既に崖っぷちに立たされております!」

教官は満足してうなずき、続けて隣の若者に問うた。

「では我々はどうか」

するとその若者も勢いよく立ち上がって答えた。

「はい、常に奴等の一歩先を行っています!」
 
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ

走るよッハム太郎

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/11(金) 13:26:17.31 ID:C47R3/mh0
隅っこォォォォッ!!走るよッハム太郎ォォォォォォォッ!!!!


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/11(金) 13:27:24.65 ID:YEgVjMIR0
だァァァイすっきなのはァァァァッァ!!!!


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/11(金) 13:27:45.56 ID:OkektOVY0
酒とっ!!!


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/11(金) 13:28:00.74 ID:lIR7VbGK0
女ぁ!!


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/11(金) 13:28:14.47 ID:pxA47qPI0
あと金ぇ!!
 
TAG :
パロディコピペ

チェーンソーは不良品

男がホームセンターにクレームを言いにきた

「昨日買ったこのチェーンソーは不良品だ、木を切るのに1時間もかかったぞ」

店員は「おかしいですね」とエンジンをかけた。
すると男は

「えっ、なんだその音は?」
 
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ

日本語が話せない奥さん

ある日本人と結婚して日本に移住した日本語がまったくと言って良いほど話せない奥さん。
肉屋に買い物に行って、豚のもも肉が欲しかったので、スカートを少し上げて、自分の太腿を示したらわかってもらえました。

別の日、鶏の胸肉が欲しかったので、少し胸元を出しておっぱいを示したらわかってもらえました。

そして、ある日、太いソーセージが欲しくなって、説明に困った奥さんは旦那さんを肉屋に連れて行きました。

どうやってソーセージを買ったのでしょう?
 
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ
下ネタ

機内アナウンスのマイク切り忘れ

機内アナウンスのマイクを切り忘れ、

「熱いコーヒーが飲みたいな、あと女に舐めてもらいたい」

機長と副操縦士の下衆い会話が機内に放送されてしまった。
スッチーが慌てて操縦室に走って行った。
客が後ろから叫んだ。

「コーヒーを忘れるな!」
 
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ
下ネタ

テントでみた夢

仲良し3人組のサム、ジャック、ジョンがキャンプに行った。
お互いに金がなかったので、テントは一番小さいものをレンタルしていた。
そして、3人はちょうど川の字の形で3人並んで寝ることにした。

次の日、右端に寝ていたサムが目覚めてこう言った。
「昨日とってもHな夢を見たよ。綺麗なお姉さんが僕の○○○を握って・・・」

すると、左端に寝ていたジョンがこう言った。
「なんてこった。漏れも同じ夢を見たよ」

2人は驚いて、真ん中で寝ていたジャックを起こして訊ねた。

「なあジャック、もしかしてとってもHな夢を見たんじゃないのかい?」

するとジャックは眠たげな目をこすりながら答えた。

「いや、僕が見たのはスキーをしている夢だよ」
 
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ
下ネタ

「この壺は満杯か?」

ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」

教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。
 この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。
 

君が代 → kiss me, girl, and your

君が代

kiss me, girl, and your old one
a tip you need, it is years till you're near this
sound of the dead "will she know
she wants all to not really take
cold caves know moon is with whom mad and dead

訳:
 僕にキスしたら君のその古臭いジョークにも(サヨナラの)キスをしておやりよ
 君に必要な忠告をあげよう 死者たちのこの声が君に届くまで何年もかかったんだよ
 「国家ってのは本当に奪ってはならないものを欲しがるけど
 そのことに気がつく日が来るんだろうか?
 冷たい洞窟だって知ってるんだ
 (戦争で傷つき)気が狂ったり死んでしまった人たちを
 お月さまはいつも見てるってことを」
 

経験人数3桁の俺が飲酒運転きっかけに数年セクロス出来なくなった話

1:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 05:51:11.58 ID:DbMoPFPD0
たったら書かせて貰います。


2:!music:2011/12/18(日) 05:54:50.48 ID:eB1kNvDo0
飲酒運転する奴は屑


5:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 05:58:16.70 ID:DbMoPFPD0

>>2
飲酒運転は悲しみしか生まないですね。


しばらく淡々と描いて行きます。

俺は小さいころから良い恰好をしようとばっかり思ってたし人の目ばかり気にしていた。
小学生ごろになると女にもてたいと思っていた。

中学のころからナンパまがいの事を始めて
高校に入ると時には毎日のように繁華街のある駅に繰り出してナンパをしていた。
ナンパをしない日なんて月に数回。
学校が終わったら、バイトが終わったら、休日下手したら朝でさえいたるところで声をかけた。


6:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:00:38.76 ID:DbMoPFPD0

年齢やジャンルに関係なく可愛い、美人だと思う人には手当たり次第声をかけた。

当時なぜそんなにナンパをして女にもてたかったのか(もててるとみせたかった)というと、
自分の見た目にコンプレックスを持っている部分があるので格好良い奴には負けたくないと思った。
そのためには可愛い女や美人な女と多く遊んだり、セクロスを重ねる事がステータスになり、きっと周りにももててると見えるだろうと勘違いしていた。
さらに家庭の事情で家族と中学から一緒に住む事が出来なかった寂しさを誰かといる事で紛らわしたいと言う事もあった。

兎に角その勘違いを信じた俺はとにかく街に繰り出してナンパをしまくった。


8:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:05:31.34 ID:DbMoPFPD0

ナンパを毎日のように始めて数か月ほど経った頃からだろうか
当然の事だろうが場所をローテーションで変えても毎日の様に主要な繁華街でナンパを繰り返し女の子を連れて歩く俺は色々なトラブルに巻き込まれるようになる。

ヤンキーや
ヤンキーみたいなギャル男の集団
ホストやスカウト…

オメー俺の女ナンパしたらしいじゃねーか
誰に断ってこんな事してんだよ
商売の邪魔してんじゃねーよ

自分が悪いところが多くあるが、わけのわからん理由も含め絡まれるようになった。
絡まれると言っても殴られたり、払わなかったけど金払えとか言われたり(結局変わりに殴られるんだけど)。
基本彼氏の付きの男以外が絡んでくるときはただ絡んできただけだったと思うが。

それでも基本街ごとに控えるようになるだけで兎に角寂しさと見栄のためにナンパを繰り返してはセクロスをした。

いや、むしろその事も忘れてナンパする事が生活の基本的サイクルになってた。


9:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:08:39.96 ID:ZJ1MdJm70
聞いてるよ。


10:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:09:12.54 ID:DbMoPFPD0

そのうち絡んでくるホストやスカウトはなぜか親しくなり俺を仕事に誘ってくるようになってきた。
(仕事で女の子に声をかけてる人は絡んできても基本的には暴力を振ったり、カツアゲ的な事は言ってこなかった)。

ホストはノウハウをたたき込んでやるからホストになれみたいな。
キャッチは基本だしそれだけ折れないで声かけられるなら店に女の子を呼べるよ
連れてきた女の子がお金を使えばバックが入ってくるんだしと。

スカウトは女の子の友達が多いならその子たちにキャバクラでの仕事を勧めて働いてくれるようならバックが入って来るし、女の子がお金を使うわけじゃないし、女の子もお金が欲しくて仕事を探してる子も沢山いるんだよって言われた。
そんでもってお店に入りたくないような子は普通に自分で囲えば良いと。

その時の俺はお酒は飲みたくないし(10年近く前の話なのでごめんなさい)
なぜかホストって響きがダサいと思い
私服だしスカウトいいなと感じキャバ嬢のスカウトになる事に決めた。


11:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:13:57.31 ID:DbMoPFPD0

>>9
ありがとう。
飲酒運転の話に行くまでちょっと長いかも知れないごめんなさい。


大学の進学が決まったあたりからグループの先輩にキャバで働きたいと言う女の子を紹介しながら少しずつ知識を深めていき、変な区切りなのだが、高校卒業した日からとある繁華街のグループのスカウトとして活動を始めた。

スカウトとしての活動を始める時期としては最高の時期だった。
ナンパで知り合った周りの同じ年の女の子たちが高校を卒業を機に夜の世界に行きたがる子が多くいた。
それを知った俺は様々な大学の入学式に足を運び会場付近や駅で多くの女の子に声をかけた。
スカウトがだめそうな子や、自分のタイプの女の子はその勢いを借りて普通にナンパした。

様々な大学の新歓にもぐりこんでそれまた、興味ありそうな子を探し声をかけた。


13:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:18:38.32 ID:2N2bKd8PO

>>1
パンツ脱いだ方がいい?


14:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:20:55.59 ID:DbMoPFPD0

というか大学時代の友達たちと忘年会してて変な事思い出して2時くらいに帰ってきて
それから書き始めて初めて書いてみようと思ったんだけど、こんな時間だしお酒も抜けてしまった…。

--------

大学に入ってからは入学シーズンが終わっても夏までは繁華街の駅に毎日のように出て、女の子のキャッチもしつつ、月に何百人と声をかけ、40~50人くらいの女の子を面接につれて行った。

気付くと入店のバックが沢山入ってくるようになっていたし、女の子に話しかけるのは仕事ととらえて、さらに可愛いとか美人でなくても普通の見た目の女の子にも多く話しかけるようになってたからか、S●Xをした女の子もこの時点で3桁は超えていた。

ひどい時は本当に週8人とかS●Xをしてた。

夏が過ぎると春ほどの勢いはなくなっていたが、学校に行ってそのまま街に出てキャッチ→面接→キャッチ
この繰り返しだった。


15:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:26:43.19 ID:DbMoPFPD0

>>13
寒いから風邪ひいちゃうよw


そんなサイクルの中で俺の中では
…女の子はお金になる、セクロスをするもの。
別に疑問も持たずそれが普通になって行った。

そんな糞みたいなスタイルが板についてそのサイクルは20になるときまで続いた。
街で出会う女の子達も、俺と変わらなく見えた。
出会う女の子がそうゆう場でしか出会わなかったからだと思うけど。

入店させる女の子は男を金かせぐ場所を紹介してくれる人、街で出会う男は所詮セクロス止まり。
恋愛なんて、純粋とか、女を好きになるなんてありえない…。

スカウト業も気付くとギャバだけじゃなく、脱ぐ系風俗やAVの仕事も紹介するようになってた。
お金が良いって言う事もあったけど女の子からの要望が多くあったので脱ぐ系にも手を出すことにした。

スカウト業を数年続けると普通の流れなのかな?


16:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:30:55.83 ID:DbMoPFPD0

話は少し変わるけど

そんな仕事をしているが大学には普通に通ってた。
そんな中で、夜の仕事なんか興味がない、普通に学校に通って勉強して普通のバイトをしている友達たちのグループと行動を共にするようになった。


18:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:36:28.41 ID:DbMoPFPD0

カラオケとか居酒屋とか派遣のバイトなどしてる夜とか全然関係ない普通の7、8人の男女混合グループ。
メンバーによっては見た目とかもまだ高校生?みたいな感じの。

俺はスカウトか入店してからバックが入るまでの女の子のケアばかりで、学校の外で遊ぶ事なんてほとんどなかったんだけど、そいつらとは月に一回は飲んだり誕生日会なるものしたりしてた。

本当はもっと皆は飲んでたんだろうけどそんな理由で月1の飲み位は参加していた。


19:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:40:59.96 ID:DbMoPFPD0

学生をしつつ夜に染まり過ぎた時期もあり、学校をやめようとか思う時もあったけど、学校で出来たこの友達がいたからやめなかったし、後々皆には助けられた。

キャバや風俗嬢に店を紹介しる仕事とをして、夜の繁華街で過ごしてたけど
兎に角、なんとか彼らのおかげで普通の大学生っぽい生活もしてた。

何より彼らと学校での行動を共にする事で俺は夜に染まりきらない気持ち的な抑止力にもなった。


21:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:47:25.45 ID:DbMoPFPD0

こんな時間に見てる人いるのかな…
書きためが終わりそうで心配になって来たよ。


ある時そのグループ飲みではなく、珍しくグループ内の男友達と飲むことになった。
いつも断ってばかりだしたまには飲むか。。。

本当に普通に二人きり、大学に入ってから学校外でこうゆうのはなくて、なんか凄く新鮮な気持ちになった。
内容は全然覚えてないんだけど楽しかった事は覚えてる。

飲んで酔っ払ってきた友達は「女の子と飲みたいよー女の子呼ぼうよー」見たいなこと言ってきた。

俺が呼べるような女の子はキャッチで引っかかるような女の子なのだし
(キャバ主だから見た目が派手というか…男をお金で見てるというか)
なによりこの学校の友達による仕事してる俺の感じを知ってほしくないし、呼びたくなかった。

「いや二人で飲もう、楽しいじゃん。」


23:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:51:40.39 ID:2vfYPqqO0
バックってなに?


24:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 06:58:04.09 ID:DbMoPFPD0

>>23
スカウトバックって言って女の子をお店に紹介して発生する紹介料
大体は女の子が10日程度出勤したら払われる。
(5、6年前だが変わってないと思われる)


ついに書きためが終わってしまった。。。。。
折角立てたので日曜だしリポD飲んで行けるところまでいくよー


みたいな感じだったと思う。

そしたら友達は「自分の友達を呼ぶ、電話してみちゃうぜ!」とか言いながら電話をし始めた。

「大学の友達と飲んでるんだ、一緒に飲もうよ~に居るからさ!!」

俺は少しオロオロした。。。
なぜかと言うと、この普通にカラオケでバイトしている友達がどんな女の子連れてくるんのだかわからないけど、もしかしたら夜の仕事してる俺とか嫌がられるんじゃないかと。

ちなみに友達はFINE?とかチョキチョキ?とみてそうなTHE大学生みたいな感じ。
当時の俺、日サロ通い全身ブランド物…。


25:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:07:59.28 ID:DbMoPFPD0

けどいつ振りだかわからないけど、お金の話とかしなくていいし、友達の友達だしS●Xなんかもする気なんか起こらないだろうと、普通の学生の男女の会みたいなのにわくわくしていた。

暫く友達と二人で飲んでいると女の子が二人やってきた。
二人とも顔はそんなに可愛いとは言えないかな?

合流してからちょっと俺も緊張してたけど仕事柄のせいかすんなりワイワイとできた。


26:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:14:37.25 ID:DbMoPFPD0

その時1人の女の子は覚えてないんだけど、もう1人の子はこれから話によく出てくるからさなってするね。

二人とも全然夜の事なんか興味ない感じだったし、音楽の話とか地元の話とかした。

顔は可愛いって感じじゃないけど、さなは凄く音楽の知識があって自分も興味のあるジャンルの話や、しらないお勧めの音楽の話を沢山してくれた。
何よりずば抜けて明るかった。


27:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:16:17.79 ID:DbMoPFPD0

さなは学生ではなくフリーターをしていて、そのバイトでお金をためてはアジアをバックパックしてると言う。

俺はその話に凄く興味を持って顔はタイプじゃないけど友達になりたいと思った。
飲みながらそんな話をしながら時間があったらその旅の話もっと聞かせてよ。
って連絡先をさなと交換して飲み会はお開き。


30:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:27:01.37 ID:DbMoPFPD0

そんな飲み会をしたが。
俺はいつも通りの生活に戻って行った。
もう飲み会の事も忘れてた。

話はまた仕事の方に戻るが、時間がたてばたつほど普段通りの生活は良い方向に向かう事になかった。


34:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:34:49.69 ID:DbMoPFPD0

アグレッシブに夜の仕事をこなしていた俺は金銭の動きもどんどん活発になって行った。

金銭感覚も乱れに乱れ、持ち物もブランドのローテーション。
大学生なのにタクシーで県外にも移動するし、携帯も仕事柄同業はそうだろうが4台持ち。
仕事の付き合いだが飲み屋でボトルを入れるのは当たりまえ。

飲み屋に回るように回るようになったりした事が原因か、夜のうわさや街のうわさなのか、その生活の中でグレーな人たちと多く出会うようになった。
俺はそのグレーな人たちとつるみ出すようになった。

初めはただの夜の街を一緒に飲み歩いたりするくらいだったが、気付かない間に進行を深め、それまたまた気付かないうちに俺自身もかなりグレーな事に足を突っ込んでいくことに。

気付くともう俺は学校には行かず、学校の友達ともあまり遊ばない日々になってた。


35:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:38:33.98 ID:2vfYPqqO0

グレーってなんだ?
ブラックじゃないのか?



37:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:41:04.30 ID:DbMoPFPD0

>>35
本当にブラックではない
ギリギリグレー
…一応裁かれてるから、それもこれから書いて行きます。


38:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:47:21.05 ID:DbMoPFPD0

学校のやつらからの連絡も避けた。
なんかこんな俺にかかわっちゃいけない気もしたし。
普通に学校でまじめに勉強して普通にバイトしてる…。
なんか合わせる顔が無かった。

その内その人たちにそそのかされグループの約束事から外れて、その人たちからの夜の仕事を手伝わされるようになって行った。
俺はどんどん腐って行った。

夜の仕事には変わりはないけどもう俺はこの仕事しかないんだ。
当時は本当に思った。

2年近くスカウト業をやってるとその内キャッチしなくても人伝いに紹介してとかで街に立たなくても仕事が出来るようになってきた。

それでも学校のやつらには会いたくなかった。


39:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 07:54:01.84 ID:DbMoPFPD0

そのせいか暇な時間を持て余すようになった。

そんな時に数ヶ月前に連絡先を交換したさなの事を思い出した。
こんな生活の事少し忘れたいと思っていたが学校のやつら以外でそんな事感じさせない誰かと話したかった。

俺は少し緊張しながらもさなに電話した。


41:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 08:04:09.21 ID:DbMoPFPD0

うる覚えの感じになるけどすまない。

かけたものの俺の事なんて覚えてるかなと思って出るまで緊張した。
が、さなは普通に電話にでて俺の事もちゃんと覚えてた。

「どこかでご飯食べない?」

俺はこの程度だったと思う。
そうしたら

「お金千円しかない、けど暇だから飲みたいw」

見たいな感じだった。

「じゃあ俺おごるよ」

ったら

「勿体ないー家で飲めば良いんじゃないの?」

…??
この子は数回しか会った事のない人間の家で飲むことに抵抗が無いのか?w
てか家飲みってw

けど初めて会った時の事を思い出した。
ちょっと田舎っぽい純粋そうな、しかも女を感じさせるような子でもないし。。。
まぁ良いかと。

「OKじゃ俺の地元の~駅で」


43:Am:2011/12/18(日) 08:18:29.01 ID:DbMoPFPD0

気付いたら8時過ぎてた…。

体も限界が近づいてきたよ。
こうゆう時はどうしたらいいのか。。困ったぞ。

呼んでる人少しは居てくれるみたいだけど…
寝て起きてから書くとかで大丈夫かな?

トリ?とかつけた方が良いかなと思いつけてみたが。


46:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 08:22:32.95 ID:QSGG6Uuq0

>>43
それはトリじゃなくてコテだ

自分のペースで良いかと。
ただ待ってるから、落ちるときは言ってくれ。



51:Am:2011/12/18(日) 08:43:44.15 ID:DbMoPFPD0

>>46
ごめんねてたコテだww
打ちながら寝てた。


1「もしかして夜の仕事してるでしょ?または脱ぐ仕事?」
さ「なんで?」
1「そんなに海外に行ってたらお金足りるわけないじゃん」
さ「?」

さ「だから学校も行かずにずっとバイトしてるんだよー。
  だからお金もなくて家飲みしてるんじゃんかー。笑
  お金だってかっつかっつだよ!あはは」

さ「しかも私は海外の遺跡や景色巡りしても一泊数百円の宿に泊まるし下手したらテント見たいな処にも止まってるから海外旅行って感じなんかじゃやないよへへーん」

みたいな。会話だったと思う。


48:Am:2011/12/18(日) 08:40:16.80 ID:DbMoPFPD0

そんなこんなで駅で合流。
久々に会ったけどやっぱり女性を感じるっていう雰囲気じゃなかった。

コンビニでつまみやお酒を買い俺の家に。
家にあるCDを見ながら音楽の話をスタートさせ普通の時間を過ごした。
俺はさながバックパックしてるって事を思い出してその話を聞いてみた。

さなは「世界中の興味のある遺跡や景色を見てみたから世界を回ってるんだ。」って。


49:Am:2011/12/18(日) 08:41:23.05 ID:DbMoPFPD0

俺は仕事柄なのか疑った。
スカウトする子でもそんなこごろごろ居る。
海外旅行行きたいから時給の高い夜の仕事したい!見たいな。

きっとコイツも実は夜系で働いてるんだろうなって思った。


52:Am:2011/12/18(日) 08:45:59.64 ID:DbMoPFPD0

1「なんでそんな貧乏してまで遺跡とかそんな途上国の景色なんて見に行くんだよww
  楽しそうだけど意味わかんねーわ」

そしたらさなは言ったんだ。


53:Am:2011/12/18(日) 08:47:51.72 ID:DbMoPFPD0

「意味なんてわからないけど‘人生は一度しかないから’見に行くんだよ」

って。


ごめん少し寝ます。
昼過ぎまで残ってるかぁ?
皆様おやすみなさい。


75:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:38:57.78 ID:DbMoPFPD0

では書いて行きます。


意味なんてわからないけど‘人生は一度しかないから’見に行くんだよ…?

この時の俺は、同世代の人間から初めてこのセリフを真剣に聞いたような気がした。
情けないが、人生が一度しかないとか当時はあまり考えたことが無かった。

さなからのその言葉を聞いた時に不覚にも…さなの事を凄く格好良いと思った。

なんてゆうか…こいつは普段からバカっぽい。
兎に角へらへらしてる。

会話の合間合間に「がはははー」、「えへへへー」ニコニコ、ニコニコ
みたいな感じで。


76:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:40:53.74 ID:DbMoPFPD0

二回しかあったことが無いけど俺の中では完全にそんな印象。
そのギャップからか本当に聞いた瞬間、格好良く見えた。

一瞬だけど時が、止まったようだった。

正直俺は自分がすこし気が楽になりたいと思って気晴らし程度に暇つぶしで遊んだけのつもりが、なぜか何か鋭い物を突き付けられた気がした。


79:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:45:09.80 ID:DbMoPFPD0

俺はいつの間にか理由も、目的も、目標もなくスカウト業をして、お金が貯まってもくだらない見栄のために浪費をやめず、寂しさを紛らわすためにただただいろんな女の事交わっていくだけ。

見栄だけしか持っていない自分が一瞬だけど情けなくった。


80:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:50:25.01 ID:DbMoPFPD0

…けど夜に染まった俺は、その場で素直な感情を凄い速さで押し殺し始めていた。

当時の自分の関わる身の回りの女の子達(特に脱ぎ系では泣く飲み屋の子)は平気でお金のためになら嘘をつくし、落としたい男の前では全く違う自分を演じることができる。
それがプライベートであろうが、お店の中であろうがとことん自分を良く見せるために。
私は苦労人であり、夢や目標のために頑張っている子、そう自分を口のなかから出る物語だけで作り、本心なんて解ったもんじゃない。
大体の女は自分をしたたかに女優のように演じきる。

夜だけじゃない普通にナンパした女の子でさえそうだ。
皆自分の快感のためなら演じる。


81:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:53:09.25 ID:DbMoPFPD0

こんな田舎っぽさの抜けなくて純粋そうなさなでさえ、例外じゃない、女なんだ。
その片鱗があってもおかしくない。

しかも、若い女なら顔はずば抜けて可愛くなくても時給の高い仕事仕事、夜なら沢山あるじゃないか―


83:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:54:39.50 ID:DbMoPFPD0

さなの言葉を聞いて格好いいと思ったが、本当にそんな奴いんのかよ?
…まぁ居るわけないわ。

夜の仕事に浸かり切った目で疑いの思いと少しの尊敬の思いは混同していた。


84:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 15:55:35.26 ID:nGIuQtZu0
ここからどう飲酒運転に行くのかwktk


87:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:59:51.14 ID:DbMoPFPD0

>>84
すまんもうちょっと待ってくれまだ半分も行ってない(';')


85:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 15:57:42.69 ID:DbMoPFPD0

まぁ兎に角、さなの貧乏バックパックの話は面白いし、俺には知らない音楽の話も楽しい。
一度しかないとやらの人生を楽しんでるからかもしれないが話は引き込まれるものがある。

暫らくは上にも書いたが暇な時期に入ったと言うことだし
さなが本当にそんなに格好いい奴なのか、やっぱり俺の知る“女”なのか
友達?になって暇つぶし程度に見極めてやろうかと思った。

そこからも普通に様々な会話をし音楽を聴きながら飲み続けて
その日はもちろん何もあるわけもなく(する気もないし)普通に別々に眠りに付いた。

次の日近いうちにまた遊んでよ!と言い普通に別れた。


86:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 15:58:39.61 ID:qMvQZ8gM0
>>1は表面は腐りきってるが、心の根の部分では素直で優しい子っていう印象を受ける


98:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 17:54:22.19 ID:ibwxoKq20

>>86とまったく同意見
なんでその道にいってしまったのか、、家庭環境に問題があったのか?



100:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 18:58:52.78 ID:DbMoPFPD0

>>86
俺はカスだよ。兎に角この時は。
初めの方にも書いたけど家族とは家庭の事情で中学のあたりから一緒に暮らしてないんだ。


89:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 16:07:57.73 ID:DbMoPFPD0

そして俺はいつもの夜仕事の生活のに戻った。

俺は自分を今更ここで正当化するつもりはないが、スカウトは結構俺は出来るだけ自分の道徳をギリギリに保ち全うにやっているタイプだった。
同業には批判されまくったが、キャバの仕事も立派な仕事なんだからやるからには一生懸命紹介したお店との連携をとって頑張れだの、脱ぐ系の仕事を紹介して!という子には何度も何度も…日数も時間もかけて本当にいいのか?と。
ましてや映像に残る仕事はPCの普及が多くなってきたらネット上に残り続ける事も伝えた。

それで思いなおす女の子もいたが、俺はナンパを毎日出来るような変なアグレッシブさだけはあったし、基本的に多く声をかけられるタイプだったのでそれでも何も問題はないつもりだった。


90:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 16:11:58.47 ID:DbMoPFPD0

夜の生活を続けて行く中で、上にも書いたがグレーな人たちと接する機会が多かったのでその頃は良くその人たちとつるむようになっていた。
初めは飲みにつれてって貰ったり、街の情報を交換しあう程度だった。

だがその内、そのグレーな人達やグループの上からはそろそろお前もそれは甘いだの、だましてでも金にしろだのそれだったら俺たちにクロージングさせろだの。
色々とうるさくなっていった。


91:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 16:14:52.24 ID:dALVW/moO

追いついたー
読んでる



94:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 16:20:57.55 ID:DbMoPFPD0

>>91
ありがとう!!

4時に出る予定だったけど過ぎてる…。
ちょっと出てくるね。
七時前には戻ってこれると思う!!

近所の友達とACL見る約束してたんだーーー。
あいむサカ豚頑張れJリーグ柏

試合終わったら急いで戻ります。


92:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 16:16:37.98 ID:DbMoPFPD0

―彼らは俺の金銭感覚の乱れなど日にならないくらいにお金と見栄が全てだった。

良い物件に住み、高級車にのり、全身をブランド物で身を包み、月に飲み屋で何百万も使い色恋の嬢を高いナンバーへと押し上げる事を楽しみとし、月に何回も女たちを引き連れ海外で豪遊してくる。
その中で弱者に権力を見せつけ。
大した目的もなくただお金と快楽だけを楽に求めそのためなら人の人生など関係ないような人種だった。

それが例え女だろうと男だろうと、身内のグループの奴でも。


93:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 16:17:13.70 ID:DbMoPFPD0

―さなとあの日あんな話をしてしまったからだろうか…。


96:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 16:53:03.54 ID:ArTCewQf0

おぉ、サッカーいいな!世界3位になれるように応援してるぜ!


100:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 18:58:52.78 ID:DbMoPFPD0

>>96
柏残念だったね…。

というか初めて掲示板にすれたてたからだと思うんだけど
スレの事が気になって試合どころじゃなかった。

何よりこれ書いてると昔の事を思い出し過ぎる。

けど、吐かせてくれ。皆にも伝えたい事があるんだ…。


101:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:00:47.88 ID:DbMoPFPD0

じゃあまたペース遅いかもしれないけど
書いて行くね。皆よろしく。


103:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:04:58.52 ID:DbMoPFPD0

「意味なんてわからないけど‘人生は一度しかないから’見に行くんだよ」

俺はほんの少しずつだけどこの夜の世界の関係が凄く疎ましくなってしまった。
俺の目標は、俺の目的は彼らの様になるためなのかと思うと気分が悪くなる事もイライラで眠れない日さえ出てきた。

だが結局その解消も、俺も彼らと大差なくただ時間とお金の浪費とその日だけの関係の出会いとセクロスする事くらいだった。

俺も所詮その彼らの予備軍なんだ。
もうここまで来たんだ。
俺は自己嫌悪にどんどん陥って行った。

けど落ちて行けば行くほどさなのあの言葉が頭から離れない。


104:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:06:09.06 ID:DbMoPFPD0

俺はまた気付くとさな頻繁に連絡をするようになり、普通にやっすい居酒屋や家で飲んだりするようになった。

だんだんと過ごす事が多くなっていった。
当たり前のように俺はさなの事を少しずつ知るようになる。


105:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:08:08.26 ID:DbMoPFPD0

さなの親父は幼少の頃になくなっている。

地方の山奥に実家があるらしいのだが、馬鹿だし勉強も苦手だし母だけだし迷惑かけたくないから学校には進学しなかった。

それに世界中を旅したい、色々な国を見たいから正社員にもならずフリーターをして、10月位バイトしまくって、1カ月~2カ月くらいはバックパッカーになる。

家も初めて行った時良くこんなとこ見つけたなと思うくらい部屋の中は普通にしてあるが、ボロイ和室の安そうなアパートで暮らしていた。


106:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:11:33.24 ID:DbMoPFPD0

時間を重ねて行くごとに
俺は初めて二人で会った時に疑っていた事を恥じるくらいに、さなは自分に見合った力で“一度しかない人生”を生きている人だった。

数か月の間だったけど、気付くとさなの事を良く考えるようになっていた。

当時の俺と行ったら夜の生活は偽りの顔を作り、相手もまた偽りの顔を作った人間と合う毎日。
それに出来るだけ避けたいが、日に日に避けられなくなってくる、汚い人間関係とお金の話。

顔は凄く可愛いというわけではないが、さなのニコニコした笑顔が見たかった。
あいつの「がはははー」、「えへへへー」が聞きたかった。

自分が黒くなって行けば行くほど俺はそれを求めた。


107:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:13:09.75 ID:DbMoPFPD0

顔もタイプではないし…。
少しまだ垢ぬけた感じがしない…。

だけど気付くと俺はさなの笑顔が好きになっていた…?

会う回数を重ねると、別れる時に変な気持になった。


108:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:16:02.49 ID:DbMoPFPD0

けど夜の生活に戻ると
俺が仕事でつるんでる人にさなと歩いてる所を見られたりしたら少し情けないよな。
好きな子が出来たかもしれないなんて恥ずかしいしバカバカしくて言えない。

何考えてんだ。
バカバカしい。

女は仕事の関係だけ。セクロスをするだけ。寂しさの暇つぶし。
まずあんなに性を感じないような女はまずあり得ない。

…だが気付くと電話をし、連絡を待ち。
会いたくて仕方がない。


109:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:18:24.93 ID:DbMoPFPD0

もう自分の気持ちは隠せない。
俺はさなの事が好きになってた。
けどもしかしたら本当はずっと気付いてた。

ただ俺の生活で人を好きになるなんて
ましてやこんなに普通に生活しているさなの事は好きになっちゃいけない。

そう思ってた。



112:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:25:47.10 ID:DbMoPFPD0

10代後半~20まで今まで作って来た生活。

その頃自分を大人だと思っていたけど今思えば子供だった俺には、ここまで作って来た生活が全てだった。
この生活を壊す事は出来ない―

けど

―人生は一度しかないから…

―人生は一度しかないから…


114:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:30:43.70 ID:DbMoPFPD0

…とりあえず、俺は半年行かなかった大学に行く事にした。
毎回タクシー使ったけどなんとか学校には行こうと思った。

新規の女の子をキャッチする事もやめた。
夜の仕事は主に自分の抱えてる女の子のバックの維持のケア以外は基本やらなくなった。

週7は主要な繁華街に出ていた生活も、グループの先輩やグレーな人たちの呼び出し以外ではあまり繁華街には行かなくなった。
女の子のケアも大体電話で済ませるようになってきた。


116:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:35:41.88 ID:DbMoPFPD0

ナンパもしなくなった。
女の子とも遊びたいなんてあまり思わなくなった。
完全に遊ばなくなったわけじゃないが。
S●X依存症かもしれないと思った事もあったがなんとか我慢が出来るようになってきた。

そんな暇があったらさなと会いたいと思った。
さなに会って俺も何か見たいものを探せるような人間になりたかった。

俺は自分の生活を変えたいと思うようになっていた。

少しづつ生活は変わってきても、さなとは頻繁に連絡を取ってたり、ご飯を食べたり、一緒にライブに出かけたりした。


117:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:40:57.89 ID:DbMoPFPD0

その中でお互いの家に行き来し泊まり合う事は何回かあった
…が、S●Xをする事はなかった。

ただ、一緒に過ごしているだけでそれだけで毎日が楽しかったし。
好きと言ってもそうゆう対象には感じられなかった。

兎に角今までの自分の出会ってきた“女性”とは違った。

何より今まで簡単に軽いノリで口から出てきた、「好きだよ」という言葉はさなには言えなかった。
俺にとっては時に、その場の欲を満たしたいためだけにツールとして使う単語でしかなかった。
そのあたりになって初めて気付くのだが、今まで軽く言葉にしてた言葉は実は凄く重い言葉だった

何回も軽々しくツールとして使ってきたこの単語を俺はさなには使いたくなかった。


118:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:42:50.44 ID:DbMoPFPD0

新鮮さや自分の力で見てきた知識をくれるさなに、さなの力に少しでもなりたいと思った。

そんな時、スカウトをしている時に知り合ったとある普通のアパレルの総務の女性(体の関係も仕事の関係もない) から

「急なんだけど半年だけ事務の子を探してる」
と連絡が来たので、バイトが減ったと言っていたさなの紹介をした。

半年だがちゃんと社員として雇ってくれるという事になった。


119:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 19:47:46.94 ID:DbMoPFPD0

さ「ありがとう。えへへー」

くだらない事かもしれないがたかが普通の仕事を紹介しただけで当時の俺は、少しでも力になれたかなって思ったりして嬉しかった。

さらにそれをきっかけにさなは、その半年でお金をためて期間が終わったらまた1カ月バックパックの旅に出るって目標も出来た。

それに刺激されて俺も今より変わりたいなとか、何か目標を持ちたいと思った。


126:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 20:02:03.63 ID:DbMoPFPD0

だけど俺と言ったら今までの生活しか知らないで、どうしていいかもわからないで悶々としているだけだった。

俺はただ学校に行き、女の子のケアをしバックを貰いながら、時に女の子の面接。
先輩たちの呼びだしで繁華街に戻るのだった。

さなが仕事を慣れてきた頃だろだったか、俺は変わりたいと言う気持ちもあったのだが
それよりもスカウトのグループの先輩、グレーな彼らとはもう接したくなかった。


128:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 20:07:49.55 ID:DbMoPFPD0

いつからか俺は重要な呼び出し以外は、何かと理由をつけて出来るだけ夜の街に出ないようにした。
少しずつ、彼らから距離を置く準備を始めたのだ。

最初の方に書いた大学のあの普通の奴らのグループは俺が半年もまともに学校に行ってなかったのに全然普通に接してくれた。

そんな彼らの勧めで普通のバイトにも興味が出てきた。
(当初は行動には全然移せないのだが。)


129:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 20:09:45.08 ID:DbMoPFPD0

さなに出会い光がさした。
その光は俺が今まで見る事が出来なかった、見えなかった道に光を与えた。

だけど“彼ら”に会う事でその光を消される様な気がした。

―さなのように、大学で出会えた友達のようにバイトや仕事で稼ぐお金と比べると、俺に回ってくるお金は欲望にまみれた場所から発生して、さらにそれをかすめ取る奴らから回ってくる汚いお金―

お金はお金である事は変わりはないのだが、そんな事さえ思うようになった。


142:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 20:58:38.18 ID:DbMoPFPD0

―やっぱりちゃんと学生らしいバイトをしてみよう。

お金の感覚はいきなりは治らないかもしれないけど、こんな仕事だがらこそ蓄えはあるし、夜の方の仕事で好成績を収めてくる女の子のバックはも何もしなくても少しは入ってくるし…。

特に意味はなかったが、とりあえずっとロン毛だった髪も切って、ひげも沿った。


143:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:04:36.71 ID:DbMoPFPD0

と言っても特に生活が変わるわけでもなかった。

学校に行ってそのほかの時間は女の子のケア。
面倒な彼らからのフェードアウトの準備。

けど、女の面だけは完全にさなの事だけを見ていたというところは圧倒的に変わった。
ピークの時は両手でおさまらない程の体だけの関係の子達も会う事も連絡もとらなくなった。
仕事の女の子以外とはこの頃もう会わなくなったし連絡もとらなくなった。

それだけでも俺は大きく進歩した気になっていた。


144:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:06:43.68 ID:DbMoPFPD0

さなはというと、順調に海外の旅のプランを立てていた。

定期的にさなとは会ってたけど特に何もなかった、だけど俺の気持ちはどんどんさなに傾いて行った。
それなのになぜか自分の気持ちを伝えられずにいた。

今でも思い出す。何でだったんだろう。


145:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:09:29.25 ID:DbMoPFPD0

頑張って行動というか口に出して言える事と言えば
「俺はさなが一番なかいーぜ」
とか
「俺ほどさなの事考えてるやついないぜ」
など、まるで中学生の様なレベルの恋愛をしていた。

それだけでもドギマギした。
偽りの顔をやめ、気持ちを緩められる場面での俺はこんな奴だったのだ。

そんな俺の言葉にさなは

「あたしだって1が一番仲がいいよ」
「しってる。あはははー」


146:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:12:04.49 ID:DbMoPFPD0

そんな事で満たされまくってた。

さなの前では俺は少しだけ今までの人の目を気にする性格が無くなる時があって、背負ってきた緊張や重圧から少しだけ逃れられた。

会うたびにそんな事を良い合い、ただ繰り返した。

気付くともうさなは半年の仕事を終えて出発する日にちやルートも決めて旅に出る準備を始めてた。


147:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:16:37.01 ID:uK3NNAZC0

なんか綺麗事ばっか言ってるけどスカウトで嘘八百の口八丁手八丁でお水や風俗に落ちていった女達の事が浮かばれないね
あんたはしょせん自分の事しか考えてないんだよ



150:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:20:26.95 ID:71GT7RRN0

>>147
えーお前黙れよ…つか空気嫁。


154:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:24:06.07 ID:En2IOr7F0

>>147
読んでないだろ。おまえもクズ。


159:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:28:24.54 ID:DbMoPFPD0

>>147
間違いないよ。当時の俺はカスだったし結局自分の事しか考えてなかった。


149:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:18:52.97 ID:2vfYPqqO0

さなって平仮名だからちょっと見にくいので漢字で書いてくれたら嬉しいです

すいません
続けてください



159:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:28:24.54 ID:DbMoPFPD0

>>149
サナってするね。


155:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:24:09.63 ID:DbMoPFPD0

出発の前日だったかな?
俺らは待ち合わせをして、ご飯を食べにでた。

お店についてお酒を飲みながらどんな場所をどのように回るのか好奇心で沢山聞いた
さなは確認するように色々と教えてくれた。
20を過ぎたばかりの女の子が一人でバックパックするなんて怖そうだと思うような内容ばかりだった。

発展途上国の安宿なんて泊まりたくない。
男の俺でも怖い。


151:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:21:04.86 ID:CEXa34+cO

全然面白くない
夜の世界に堕ちていった女達に土下座でもなんでもして謝罪しろ
ナルシスト野郎が!



153:忍法帖【Lv=40,xxxPT】:2011/12/18(日) 21:23:34.56 ID:sBU2m33wi

>>151
それはおかしくないか?女達は自分から落ちて行ったんだろ


157:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:25:02.15 ID:71GT7RRN0

>>151
最初からちゃんと読んでみて、連レス申し訳ないが
>>1が無理矢理女をキャバや、風に引っ張った訳では無いだろ。
最近スレをちゃんと読まずに、文句言う奴多すぎ。



160:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:29:44.35 ID:CEXa34+cO

俺は16から大工の仕事を誇り持って仕事してるんだ
だから女を食い物にするような仕事は仕事とは認めん

屑の中の屑の最底辺の仕事だよ



161:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:31:17.19 ID:DbMoPFPD0

>>157
ほんとうにありがとう。
カスだったけどそこだけは本当に境界線引いてたよ。

-----------

俺は自分がセレクト曲を入れたMDを渡した。
「旅のお供にしてよ」って。

そしたらプレイヤーは回る国じゃ充電できないかもなんて言われてしまった。

ちょっと困った顔をしていたが笑顔になって
「絶対持っていく。なんとかなるー」
見たいなことたしか言ってくれた。

そのサナの笑顔を見たら少し悲しくなった。
この笑顔を1カ月以上見れないのかって思って。


162:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:31:52.93 ID:6BZMdEgQ0

>>160
キャバとかいかないんだ?
ガテン系って好きそうなイメージがある。



163:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:32:27.43 ID:71GT7RRN0

>>160
wwwwwwwww


165:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:35:05.58 ID:DbMoPFPD0

気付いたら
「俺が付き合おうって言ったらどうする」
って言ってた。

言ってすぐ自分でハッとなった。
サナはびっくりした顔してた。

「どうする…?」


166:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 21:37:10.20 ID:CEXa34+cO

>>162
嫁とハタチで結婚してキャバはないわ
近所のスナックは週1だ

まあ熱くなりすぎたゴメン
続きどうぞ・・・・



169:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:46:59.15 ID:DbMoPFPD0

その先も言わずに少しの沈黙に耐えられなくなった俺は話題をそらした。
どんな風な内容でそらしたかは全然覚えてないんだけど兎に角あたふたして話題をそらした。

「兎に角旅行楽しんできてね。気をつけろよ!」

みたいに話をまとめて帰る事にした。
別れ際に初めて二人で写真を撮った。


172:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:50:30.69 ID:DbMoPFPD0

>>160
俺は貴方に勝てなそうだよ。本当にすげーと思うよ。
けどこの当時は俺の一度しかない人生だったんだ。


-----------------

「帰ったら連絡するねー」
「おっけー」

もやもやした気持ちは残ったけどそこでサヨナラして。
次の日(やっぱり前日でした) サナは日本を発った。


176:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 21:53:09.28 ID:DbMoPFPD0

サナが日本を出た後位からかな?

やっと俺も友達の兄貴の仕事の手伝いなどをたまにするようになり(友達の兄貴の土建関係) 、もう“彼ら”の電話も理由をつけて断るのではなくて徐々に出なくなるようになった。

徐々に生活も変わって、彼らかのフェードアウトも出来そうな気がした。
どぎまぎした気持ちで時間が空いたけどサナが帰ってくるのを俺は楽しみにしてた。

けどそんなに甘くなかった。


180:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:12:46.79 ID:DbMoPFPD0

サナが帰ってくる少し前とある事件に巻き込まれる。
俺はグレーの彼らの下っ端の一部の人間に仕組まれて、いきなりチンピラに車でひかれて、その後監禁、ボコボコ。

その場の話によるとグレーの彼らのお金が相当な額ピンはねされたり盗まれていたらしい。
だが身に覚えがなかった。
のちに解る事なのだがその金を俺がピンはねしたり盗んだりしてると勘違いだった
フェードアウトしてる事でそう勘違いされた。

結局それを黒幕は誰だかわからないのだが、俺が取っていると下っ端から怪しいと吹きこまれたらしい。

結局全身打、俺は金品も全て取られた。なぜか携帯も壊されてしまった。
…1日後、解放された。


181:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:15:09.55 ID:DbMoPFPD0

ちょっとこのあたりは、今10年近く前の事本当に初めて思い出して文章ぐちゃぐちゃかもしれないが許してくれ。

思い出すだけできつい
ちょっと顔洗ってくる


182:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 22:17:59.72 ID:yRoh0/RP0

1ゆっくりでいいよ
寝落ちしたら(´・ω・) スマソ



183:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:21:32.05 ID:DbMoPFPD0

>>182
付き合ってくれてありがとう。
気持ち悪いかもしれないが頑張ってみるぜ。


俺は自分がそうゆう事に気付かない間に加担してたのか?
本当に覚えがなかった。

そんなことよりそんな事を疑われる事も、こんなことに巻き込まれるような人間関係を作り上げてきた自分にも情けなくなった。


184:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:22:49.67 ID:DbMoPFPD0

自分が一体どんなことに加担してて、それがどんな罪になるのかもわさぱりわからないけど、もう何もかもリセット出来るならリセットしたかった。

悩んだけど俺は一般人である。不良でも何でもない。
情けなく感じられても仕方がないが普通に俺は行政に頼った。


185:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:26:24.73 ID:DbMoPFPD0

それからは色々忙しかった。

俺はやはり何も罪を犯してはいなかったし、彼らは勘違いだった。
書いていいものかわからないからこの辺りは省きます。


188:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:41:42.97 ID:DbMoPFPD0

その件が忙しい日々が続いたせいで時間はあっという間に過ぎて、気付いたらもうサナが帰ってきてから10日以上経ってた。

やっと携帯を買い直した俺は、番号は解らなくなってしまったので昔の携帯からサナの番号を調べてサナに電話した。


191:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 22:44:36.22 ID:DbMoPFPD0

知らない番号だけど出るかな…。
早く話したくてドキドキした。

暫く鳴らすとサナは電話にでた。

サ「どちらさまですか…?」
1「1だよ!!」
サ「…」

サ「あーーーーーーーー何度も電話したのに繋がらなかったんだよー!!
  なんで番号違うのー?」

1「ちょっと色々大変な事があったんだーーー」
サ「心配したよーーー」

その件以来凄く落ち込んでたけどサナの声を聞いたら凄く元気が出た。
今でも忘れない。忘れられない。


196:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 23:01:40.70 ID:2N2bKd8PO

サナたん…大丈夫だよね(´;ω;`)??


201:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:19:38.06 ID:DbMoPFPD0

すまんいい年こいてこんな昔話してすまない。


205:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:25:50.77 ID:DbMoPFPD0

ちょっとうる覚えだけど覚えてる処は凄く覚えてる。
こうやって文章に書くと凄く思いだす。


電話の向こうは凄く騒がしかった。

1「周り騒がしいけど?またかけようか?」
サ「友達たちと飲んでる、けど大丈夫だよーえへへー」

友達達から離れたみたいで、周りも静かになって電話だけど、サナが日本を経つ前日にご飯を食べて以来なので沢山話した。
って言っても大体俺に何があったかの話ばっかりだったけど。

話していると自然に顔が見たくなった。


206:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:26:46.14 ID:DbMoPFPD0

1「早く会いたいよ。俺の事なんかよりサナの旅行記聞きたいし!」

気付くと30分?1時間近く?話してた気がする。
暫くすると電話の向こうで友達達が呼んでいるようだった。

サ「もう帰るみたいだー」
1「おっけー帰ったら寝る?」

こんな会話をしながら車に乗り込んでいるような音が聞こえた。

サ「帰ったら電話するー。15分位だと思うから待ってて―」
1「うーす」


207:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:27:45.61 ID:DbMoPFPD0

その日いくら待っても電話が来る事はなかった。
その時の電話の内容や、その時の関係を考えれば電話が無いのはおかしいが、明日になれば連絡が来るかと思っていた。

次の日も連絡はなかった。
電話をしたが繋がらない。メールも来ない。

俺は軽く苛立ってた。


208:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:28:48.04 ID:DbMoPFPD0

が、まぁ結局ほっとくことにした。

そしてその次の日
知らない番号から電話が来た。

少し先日の事もあり怯えながら電話に出るとサナと共通の友達だった。


210:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:30:01.07 ID:DbMoPFPD0

何やら周りは騒々しい。
叫ぶような声も聞こえる。

周りの空気と違って友達は凄く淡々と話した。

「1の番号が変わってて調べるのに時間がかかった本当にすまない。」

「驚かないで聞いてくれ

 サナが死んだ」


217:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:34:21.90 ID:DbMoPFPD0

「1が間に合いそうにないかも知れないが今火葬場にいる…

だんだんと友達の声が遠くなっていった。
本当に遠くなっていった。
どうやって切ったかも覚えてない。


218:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:35:29.94 ID:DbMoPFPD0

2日前、電話を切ってすぐ後、サナの友達は飲酒運転で帰宅途中事故を起こした。
あの電話がサナの聞いた最後の声だった。


221:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:39:16.83 ID:DbMoPFPD0

その後の記憶は全然ない。
けど焦りもしなかった。理解が出来なかった。

ただ、ただ。
全身の力が抜けて行った。

どのくらいその場でボーっとしてたか覚えてない。


226:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:45:30.56 ID:DbMoPFPD0

暫くして急に動悸が止まらなくなり
焦りは止まらなくなった。

どうしたらいいんだ
どうしたらいいんだ

俺は家を出てサナの家にタクシーで急いだ。


227:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:51:36.04 ID:DbMoPFPD0

向かう途中俺はもうぐちゃぐちゃだった。

家に付いて急いで部屋の前に回った。
なんの反応もなかった。
もう引き払われてた。

急に友達から電話で向こうから遠くなった声が頭の中に凄い時間差で入って来た。
その声は事故の状況や事故の日時の話だった…


229:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/18(日) 23:53:25.32 ID:DbMoPFPD0

すまん。
なんかどんどん文章がぐちゃぐちゃになってるな。


235:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 23:59:24.69 ID:dfwXeBjc0

飲酒運転は二度とするなよ、とか言ってごめんなさい
早とちりしたわ……



237:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:18:04.64 ID:AqUTMkzG0

…電話のすぐ後の事だ。

俺はそれに気付いてから少しずつ自分を責め始め。
この後何年もあの日のあの瞬間を責め続ける。

もしかしたら飲酒の車で帰るの事を阻止する事が俺には…
俺にはその機会が唯一与えられた人間なんかじゃないのか?

何より俺はお金出すからタクシーで帰りなよ。位言えなかったのかと。


238:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:20:20.24 ID:AqUTMkzG0

>>235
全然構わない。


239:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:22:35.25 ID:AqUTMkzG0

たらればの話だけどさ

俺さ、もしさ
あの時さ
自分がもう少し考えの及ぶ人間だったらさ
あの時の運命に
違う選択肢がつけられたんじゃないかって。

今でも思うんだ。


243:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:27:08.95 ID:AqUTMkzG0

それから俺は
俺は何日も何日もサナからの電話を待った。
かかってくるわけないのに。
ずっと寝ないで

「すぐかける」って言ってたから。

ずっと待った。

俺はずっとずっと寝ないで電話を待った。


244:名も無き被検体774号+:2011/12/19(月) 00:27:22.70 ID:onGaiN6+0

運転手も亡くなったのかね?


246:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:30:07.66 ID:AqUTMkzG0

>>244
生きてるよ…。
消してやりたいと当時は思った。


251:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:33:35.83 ID:AqUTMkzG0

昨日忘年会の帰りに久々に酔っぱらってしまって
なんか急に書き始めて、スレタイあまり関係なくなっちゃったね。

なんか申し訳ない。


252:名も無き被検体774号+:2011/12/19(月) 00:34:12.76 ID:zdsatwOY0

>>239
すまん正直どう声をかけて良いのかわからんのだが、>>1は彼女の死には関係ない、どうにも出来ない事に縛られては駄目だ。
今すぐに立ち直れとは言わないが、彼女の屈託の無い笑顔は>>1の今の状況を見たら、悲しい顔になるんじゃ無いか?



256:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:41:47.27 ID:AqUTMkzG0

>>252
早い物でもう10年近く経ってるから大分立ち直ったよ。
けどここまでこうやってさらけ出す機会なんてなかったから思い出しちゃったよ。
あの時の選択肢をさ。


俺は何年も何年もずっと事あるごとにあの日の事を思い出して自分を責めたよ。
しかもさ、日本を経つ直前に唯一二人で撮った写真は事件に巻き込まれた時犯人に捨てられちゃったんだ。
本当に俺は馬鹿だよ。

あんな生活してなかったら写真も残ってたし

もしかしたら…。

なんてたまにふと思うよ。


258:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:43:57.78 ID:AqUTMkzG0

スレタイにセクロスが数年出来なくなったと書いたが

俺は暫く友達以外の女性に会いたくなかったし
なんかあの時から数年、一人だろうとまともに下が機能しなくたんだよね。


262:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:47:41.36 ID:AqUTMkzG0

先日やっと田舎の山奥まで
友人の力をかりて
お墓参りに行ってきて
家族の方にも会ったよ。

それから少しづつ変わったかな。

あのとき俺がってさ、サナの親に言ったんだよ。
そうしたらさ

すまないいいとしこいてなみだがあふれてきた


267:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 00:51:41.69 ID:AqUTMkzG0

サナの親はさ

これがあの子の運命だったんですってさ。
あの子はきっと幸せだったって。


275:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 01:06:39.52 ID:AqUTMkzG0

書き始めてからこんなへたくそな文章に付き合ってくれてありがとうね。

見てくれてる人に
サナを不慮の事故や天災とか納得できないまま志半ばに、この世からさった人たちを良かったら慰めてほしい。


276:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 01:09:06.65 ID:AqUTMkzG0

皆は大切な人いるかな?

出会いも別れもあるけど大切だと思う人とは一生懸命付き合おう。

後、これを呼んでくれた人で俺なんかに言われたら嫌だと思うかもしれないが。
昨日年末の忘年会で浮かれる街を見たときに思ったんだ。

飲酒運転はやめよう。
一瞬でさ、被害者も加害者もありとあらゆる人を絶望の縁に連れてくんだ。
へたしたら何年も苦しみます。

倫理に反さない事ていど悪い事しても良いけど、周りの人に迷惑をかけないように。
サナのあの出来事が、これを読んでる人その周りの人の飲酒運転の抑止力になったら幸いです。

この世から悪質な交通事故が少しでも少なくなり被害者が少なくなる事を切実に祈ります。


281:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 01:14:35.66 ID:AqUTMkzG0

俺と言ったら30目前でまだ見たいものも見つからない。

けど

死ぬまでにサナが回った遺跡俺も見に行きたい。それが夢。目標。

「意味なんてわからないけど‘人生は一度しかないから’見に行くんだよ」


283:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 01:16:11.64 ID:AqUTMkzG0

色々思い出しちゃって寝れるかわからないけど落ちます。

VIP+の皆、本当にありがとうね。
まさか生きてて2chにスレ立ててWeb上でこんなに多くの人にまた支えられると思わなかった。

人生って不思議だね。
俺にとって忘れられない1日になったよ。

おやすみなさい。


293:AM◆Cp7MtrZg0I:2011/12/19(月) 01:42:08.89 ID:AqUTMkzG0

すまん、誤解されたくないからこれだけは言っておかないと。

かなりグレーな夜の仕事してたけど俺は捕まるような事はしてない。
変な人と付き合ってたから事件に巻き込まれただけだよ。
俺は裁かれる対象にならなかった。

落ち込んだ時期も長く続いたし
そんでもってあれ以来睡眠障害だけど

なんとか復帰してきて普通に働きはじめて、のらりくらり生活してるよー。

では。本当におやすみなさい。
 
TAG :
読み物系

別荘地で二人きり

「それにしても、あなたS君と付き合い始めたってだけで女を敵に回してるっていうのに…ちょっとは自覚持ちなさいよ」
「あはは、この連休は彼と別荘地で二人きりなんて、皆にバレたら殺されるかもね」
「まったくもう…」
「しかも避暑地だから、夏が過ぎたらもう誰もいないの!いいよぉ、二人だけの世界って感じ?」
「もうシーズンオフみたいね、うるさいくらい鈴虫鳴いてるのが聞こえてるわよ」
「あ、聞こえる?そうなのよ、そっちはまだでしょ?ここはもう秋よ」
「まぁね…ところで、変な人とか熊とか気をつけなさいよ」
「大丈夫だって、携帯も通じるし」
「あ、ちょっとまって背中かゆい…ごめん、片手包丁でふさがってるの」
「ごめん、これから料理するところだった?」
「まぁそんなところかな、いいの、もう半分は済んだから」
「忙しいときに電話しちゃってごめんね、なんか彼の帰りが遅いから寂しくなっちゃって」
「いいのいいの、じゃまた後でね」
 
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
272位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ