スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたも釣りですか?」

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 09:21:17.69 ID:FiAdjPZ90

ある日、遊びの予定がキャンセルになった俺は 秘密の釣り場で夜釣りを楽しむ事にした
街から少し離れた所にある橋で、静かでよくつれる俺の穴場でその日も良く釣れた

だがしばらくすると、全身に寒気が走った。
何か恐いな・・・・そう思いつつも入れ食い状態のその場を離れる気にもならず夜釣りを楽しんだ

「あなたも釣りですか?」

後ろから声をかけられた
振り返るとそこにはサラリーマン風の中年男性が

「えぇ、ここよく釣れるんです」
「えぇそうらしいですね」
「あなたも釣りですか?」
「・・・・まぁそうですね」

話していくうちに段々と俺は違和感を感じた
男性はどう見てもスーツ姿、とても釣りを楽しむ格好じゃない
こんな所でなにを・・・・

「あなた、つらないんですか・・・」

男性の声・・・・いやおかしい、明らかに上から聞こえてきた

「つりましょうよ、あなたも・・・」

俺は恐怖に震えながらも上を見上げた・・・・

そこには、今話をしていた男性の首吊り死体が!!
男が言っていたのは「釣り」ではなく「吊り」だったのだ!!
気が付くと俺の目の前には無数の人影が

「吊ろう・・・一緒に吊ろう・・・」と俺に囁いている


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 09:24:16.59 ID:FiAdjPZ90

「そこまでだ」

聞いたことのある声が聞こえた
寺生まれで霊感の強いTさんだ

影によって今にも吊り上げられそうな俺の前に来ると、自前の釣竿を振り回し「破ぁ!!」と叫ぶ
すると釣竿の糸が眩く光り、振り回した糸が剣のように次々と影を引き裂いてゆく!
ある程度影を振り払うと、Tさんの呪文によって周りには光が走り、アッと言う間に影は全滅した。

「Tさんも夜釣りですか?」

そう尋ねるとTさんは俺を指差し

「まあな、随分と小物を釣り上げちまったがな・・・」

帰り道で聞いた話によるとあそこは自殺の名所で首吊りが首吊りを呼ぶ恐怖の橋らしい。

「すっかり日も上がっちまったな、どれ、街で女の子でも釣りに行くか」

そう言って車に飛び乗り爽やかに笑ってみせるTさんを見て、寺生まれはスゴイ、俺はいろんな意味で思った。
 
スポンサーサイト
TAG :
Tさんシリーズ
@川・水辺

ドーベルマンのロッキー

380 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2006/07/02(日) 17:42:17 ID:LHgFBPXG

普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー
しかし小学生のとき、ロッキーは俺を助けてくれた

当時お袋の実家に帰省していたとき、近所のデカい川にロッキーと一緒に
遊びにいったんだが、川の石を渡って真ん中までたどり着いたとき、
足元のコケに滑らせて転落してしまった

落ちた場所はギリギリ足が着く深さだったんだが、流されるうちに深い場所にいってしまい、
パニくった俺は泳ぐことも忘れ溺れていった
釣り人はもっと上流の方に行かないといないし、道路からも遠いので溺れながらも必死で叫んでも、誰も来ない状況

しかも川の水は冷たく、段々力が抜けていって、死を覚悟し始めた頃、
目の前にロッキーがいて、俺のシャツを噛んで川の岸に運んでくれた

正直ロッキーが来るのはありえないと思ってた
だって俺はロッキーが逃げないようにリードを階段の手すりに結んでいたから

どうやってロッキーは来れたんだろうって思って水を吐いて落ち着いてから
ロッキーを見ると、リードが噛み千切られていた
首からも余程暴れたのか血が出ていて、こんなに必死になって俺のことを助けてくれたのかと思うと、
小学生ながらも感動して、号泣した

それ以来ロッキーは俺のヒーロー

もしロッキーに何かがあったら次は俺が助けてやりたいと思う
 
TAG :
犬コピペ
@川・水辺

ジムの嫌われてるおばさん

404 おさかなくわえた名無しさん [sage] 2011/10/06(木) 18:06:30.13 ID:zsM2/B8h Be:

デブです。ダイエットのためにジムに通って泳いでます。
通ってるジムに、上級者よりは遅いけど、初心者よりは速いおばさんがいます。

自前のプルブイやビート版、ドリンク、バッグ等を持ってくるのはいいけど、全ての荷物を1コース分のプールエンドに広げて並べて、後から他の人が入ってきにくくしている。(恐らくわざと)

しかも、初心者や水中ウォーキングをするおばあさんやおじいさんがいる「ゆっくり泳ぐ&水中歩行」のコースに入ってきて、ゆっくり泳いでる初心者やおじさんおばさんを後ろから煽って追い出した後、1コース占領する。

別のコースに移動した初心者やおじさんおばさんの泳法をトレースして速度差を見せ付けた後にニヤニヤ見下すように、隣のコースを見ている。

ということをしているので嫌われいる。


405 おさかなくわえた名無しさん [sage] 2011/10/06(木) 18:09:56.95 ID:zsM2/B8h Be:

でもみんな係わり合いになりたくないので、別のコースに移動してたんだが、
昨日はウォーキングをしてる、新規会員のおばあさんにわざとバシャバシャと水しぶきをかけるような泳ぎ方をして追い出したのを見てムカついたので、そいつのいるコースに移動して全力で後ろから追いかけてやった。

俺はデブなのでズバぬけて速くはないが、子供の頃にスイミングスクールに通ってたので見た目よりは速い。
しかも普段は脂肪燃焼を意識して、ゆっくり長く泳いでたのでババアには見下されてた部類だった。


406 おさかなくわえた名無しさん [sage] 2011/10/06(木) 18:12:27.45 ID:zsM2/B8h Be:

今まで見下していたデブに、後ろから煽られまくってプライド傷ついたのか
「そんなに泳げるなら上級者コースいきjfl;f!!」と噛み付かれたが
耳栓してるんで「は?聞こえません」ってジェスチャーして更に全力で泳ぎ続けてやった。

ばばあがワナワナしながら乱暴に道具を片付けて帰っていったので泳ぐのをやめ、
混雑していた初心者コースの人達に「こっちのコースどうぞ、僕あがりますんで」って進めたら、隣のコースにいたおばあちゃん達に

「いい気味だったわね~すっとしたわ」
「お兄さんおでぶちゃんなのに速いのね~」
「飴ちゃんあげる」

等と褒められて塩飴もらって帰ってきた。

正直、自分の限界を超えて全速力で泳いでたんで、心臓はパンクしそうだわ
体はカッカしてくるわでしんどかったけど、家に帰って体重計ったら3kg落ちてた( ´∀`)

今日、腰が痛くて動くのが辛い。
 
TAG :
@川・水辺

底なし沼の釣り堀

215 名前: ペラルゴニウム(鹿児島県) 投稿日: 2009/04/28(火) 12:12:34.06 ID:Fpex95EJ

イタズラではないけど幼稚園か小学生になったばかりの頃、近くに埋め立てた釣り堀があって、
有刺鉄線の隙間から友達と入って遊んでたら埋められたシラスの釣り堀の池が底なし沼みたいに
なっていて自分は足がズブッとなった瞬間に怖さを感じて離れたけど友達は既に膝を超えて沈んでいた。
大人を呼べばよかったのに自分は何か恐怖を感じて家まで走って帰った。

その後に友達が行方不明になったっていう事で大人たちが大騒ぎになったのを覚えていている。
実際に友達は見つからずにみんなを集めて先生が説明をした記憶がある。

大人になった今考えるとなぜあの時に釣り堀に沈んでいったって事を誰も考えつかなかったのだろう。
今は区画整理もされ釣り堀の場所がどこだったかもはっきりしないけど埋め立てや造成の時に見つかったって話も聞かない。
そのまま埋まったままなのだろうか。

たまにこの記憶がパッと頭に浮かび心臓がバクバクなる。
今から30年ほど前のことなのに。
 
TAG :
@川・水辺

「いつまで」

大学時代に友人から聞いた話。
釣りが大好きだった友人はその日も朝から釣りに出かけていた。
場所は川の上流域で、かなりの山奥である。
ここから先は、友人の語り口調で書かせていただきます。

「車で行ったんだけど、途中からは獣道すらなくてな。
仕方なく歩いたんだよ。かなりの悪路だったな。
崖も越えたし、途中クマが木をひっかいた痕もあったな。
で、やっと釣れそうなポイントにたどり着いてな。
早速、そこらへんの石をひっくり返して川虫を集めたのよ。」

俺「餌ぐらい買えばいいのに。」

「いや、現地でとった餌は食いつきが違うんだよ。何よりとるのも楽しいしな。」

俺も現地で餌を調達したことがあるが、あの作業は虫が嫌いな人間にとって地獄である。
それ以来、俺はもっぱらイクラ派だ。
そんなわけで不本意ながら同意し、話の続きを催促した。

「虫を確保して、早速釣り始めたんだ。
そしたら面白いぐらい釣れてな。ものの3時間で十五、六匹は釣れたんだ。
でも朝まずめが終われば流石に途絶えるだろうなって思ってたのよ。」

知ってる人も多いと思うが、釣りは朝と夕方の「まずめ時」が最も釣れる。

「けど爆釣モードは昼を過ぎても全く終わる気配がない。
生涯で最高の一時だったね。時がたつのも忘れて夢中になったよ。
気付いたら辺りは薄暗くてな。もう夕方になってたんだ。
身の危険を感じて、帰り支度を始めたんだよ。
ふと背後に気配を感じて振り返ったら、小さい女の子が背を向けて立ってる。
少し近づいて「こんなとこで何してんだい?」って聞いてみたんだよ。
振り向いた顔を見てギョッとしたね。顔がお婆さんだったんだよ。
しかも、顔がひきつるぐらい満面の笑顔だったんだ。」

俺もギョッとした。

「でも病気か何かだと思って、同じ質問を繰り返したんだ。
今度は丁寧語でな。
そしたら笑顔を崩さないまま、「いつまで」ってつぶやいたんだよ。何回も。
キチ〇イだったんかなあと思って、軽く会釈して帰ろうとしたんだ。
そしたら、急に婆さんの声が合成音声みたいになって、「いつまで生きる?」って言ったんだよ。
背筋がゾクッとして、こいつはこの世の人間じゃないと思ってな。
凄い勢いで下山したんだよ。途中、婆さんのつぶやく声が何度も聞こえた。
薄暗い山奥でだせ?発狂寸前だったよ。
あ〜あ、最高のポイントだったのにもう行けねえなぁ…。」

俺は自分の膝がガクガク震えているのを感じた。
話の途中から友人は気持ち悪いほど満面の笑顔だったのだ。
それからしばらくして友人は自殺した。
 
TAG :
洒落怖
@山・森林
@川・水辺

湖にいきたい

ある若いカップルに子供ができてしまい、おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。
しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした・・・。

二人は夜中に湖に行き、おいてあるボートに乗って真ん中あたりまで漕いで行った。
彼女は何度も「ごめんね、ごめんね。」
と言いながら赤ん坊を湖にポチャンっと落とした。

それから何年かして、そのカップルはようやく結婚することになった。
そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。
その女の子が4歳くらいになったある日、その子が突然湖に行きたいと言い出した。

父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので、仕方なく親子3人で出かけることに。

湖につくと今度は「パパ、あれ乗りたい。」とボートの方を指さして言う。
しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて湖の真ん中あたりに来たところで、女の子が「パパ、おしっこしたい。」と言い出したので、仕方がないと思い、周りに誰もいないのを確認して湖にさせようと娘をだっこした。

ちょうど両足を持って、二人が同じ方向を向いていると娘がくるっと振りかえり、


「今度は落とさないでね。」
 
TAG :
@川・水辺
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
300位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。