スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園の砂場で

少女が公園で遊んでいた。母はそれをしばらく見て先に家に帰った。

夕飯時になりその子が家に帰ってきた。
しかし左目を痛そうに擦っている。

母が「どうしたの?」と聞くと娘は「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取れないの助けて」と言った。
 
スポンサーサイト
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@公園

メロンカップ

604 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/29(火) 13:06:13 ID:NJRpOhWp

小学校6年くらいの時の事

親友と、先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が「アッ」と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった。
その時まで実の両親だと思っていたので心底衝撃を受けた。

帰り道、どんな顔で家に帰っていいか分からず、公園のブランコに座って立てなくなった私に、親友はずっと付き添っていてくれ、「よし、じゃあ私と姉妹の盃を交そう」とか言って、カバンからメロンのアイスの容器(メロンの形のやつ)を出して、水道の水をくんで飲んだ。

一体何のテレビを見たのか、「盃の契りは血のつながりより強いんだよっ」なんてメロンのカップ片手に言う親友がおかしくて、思わず泣きながら笑いあった。

十数年たって私が結婚する事になり、結婚直前に二人で酒でも飲む事にした。
『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って、あの時もらったメロンのカップをカバンにこっそり忍ばせて飲んでたら、突然親友がポロポロ泣き出して

「あの時、あの時、気付かせてしまってごめんね」と。

『養女』の文字を隠さなかった事をずっとずっと悔やんでいたと泣いた。

そんな事、反抗期に親に反発しそうな時も、進学の学費面で親に言えなくて悩んだ時も、机の上でメロンのカップが見守っていてくれたから、あなたがいてくれたからやってこれたんだと伝えたかったのに、ダーダー涙流しながらダミ声でドラえもんのように「ごれ゛ぇ~」とメロンのカップを出すしかできなかった。

親友もダーダー涙流しながら「あ゛~ぞれ゛ぇ!」と言って、お互い笑って泣いて、酒を酌んだ。
もちろんメロンのカップで。

もうすぐ親友の結婚式があるので思い出した。
 
TAG :
@公園

公園で転んだ男の子

最近外が暖かくなってきたので、職場の仲間数人と外で飯を食おうと言う流れになり、コンビニで飯を買って、会社の近くの公園のベンチで食い始めた。
ターミナル駅の近くの公園なんで、排気ガスや車の音はうるさいけどいい気分転換になった。

飯も食い終わって仲間数人と話してると、俺たちの居るベンチの前で一人の男の子が転んだ。
5歳ぐらいかな?かなり泣き始めた。
俺たち全員独身で子供の扱いなんか慣れてなかったから、オロオロしながらも抱き起こした。

周りを見渡すと、そこの近くのデパートの袋を足元において、携帯で話し込んでる女性が一人。
でも、泣き声に気付くそぶりも無い。
とりあえず狼狽しながら「大丈夫?痛いの痛いの飛んでけ~!!」とか言いながら慰めてた。

んで、だいぶ落ち着き始めてその子も泣き止めかけた時、その女性がすごい形相で走ってきた。

「ちょっと!!あんた達何やってんのよ!!」
「いえ・・・この子が僕らの目の前で転んだんで」
「あんた達がやったんでしょう?ほんと酷いわね!!」
「いえ、けしてその様な事は・・・」

正直キレそうになった。
目を離したのはアンタだし、それにせめて泣き声で気づけよ・・・

「あんた達この辺の会社でしょ?名刺出しなさいよ!!警察呼んで訴えてやるから!!」

母親のファビョリ方に怒りがふつふつと湧いてきたところで、なんと本当に警察がきた。
どうやら公園の周りの駐禁を取りに来ていたらしい。

「あの~大丈夫ですか?」
「おまわりさん!!この人達家の子供に悪戯したんです!!訴えます!!」

「事の顛末は見ていましたよ。事実は彼らの言うとおりです。
 なんだったら、カメラの映像見ますか?」

と、おまわりさんは外灯の上にある監視カメラを指差した。

「おまわりさんの言うとおりだよ!!ママずっとおしゃべりばっかり!!ママなんか嫌い!!」

子供まで味方してくれたのは嬉しかったけど、ちょっと情けなかったかな。
さっきとは逆に母親はスゲー落ち込んで半泣き。ちょっとかわいそうだった。

でも、この後のおまわりさんがかっこいいんだ。

「駄目だよ、僕。ママの事嫌いって言ったら。すごくママかわいそうじゃない。
 男の子はママを守らなきゃ。
 だから、ママを責めるんじゃなくて、今落ち込んでるママを慰めてあげなきゃ」

そういって子供の頭撫でたんだ。
その子は元気良く頷いて、俺たちに「ありがとう」って言って母親の手を引いて帰っていった。
なんかNHKのドラマみたいに恥ずかしいぐらいの展開だったけど、おまわりさんのおかげでスーともしたし、何より心温まったね。
 
TAG :
@公園

猫に取られますよ

875 :名無しさん@八周年 :2007/09/07(金) 18:17:19 ID:UqmZ0nBl0

公園の小山でパンを出してると、おばさんが「猫に取られますよ」と
俺たち「はい??」(ネコはいるが何のことか理解できてない)

パンをちょっと置いたら、猫がすばやく1個、盗んでいった

別の人たちが来て、弁当を出したので「猫に取られますよ」と教えてあげた
そいつら「はい???」(やっぱ、全然分ってない。分らせるのは無理)

そいつら、コンビニ袋ごとネコに持っていかれた

ネコは、こうじゃなくてはいけない
 
TAG :
猫コピペ
@公園

パグを捕まえてくれたカップル

910 名前:なごみ[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:15:40 ID:fDIc2AUQO

うちで飼ってるパグの散歩中、公園で首輪がすっぽ抜けてしまった。
テンションMAXで暴走するパグを追いかけ回してたら、たまたま通り掛かった仕事帰りっぽいカップルの彼氏の方が捕まえてくれた。
慌てて駆け寄ると、うちのアホパグが彼氏さんの顔を舐めまくっていた。

彼氏「ちょwwwやめてwww」
彼女「うわ~この子人懐こいね~可愛いねぇ~(笑)」
 私「すいません!ありがとうございます!
   あああスーツ毛だらけに……すいませんクリーニング代出します!」
彼氏「いえいえ。うちにもパグいるんで、毛だらけはしょっちゅうなんでいいですよ(笑)」
彼女「パグ可愛いですよね~。私も欲しいんですよ」
彼氏「……じゃ、じゃあ俺と結婚したらいいじゃん」(小声)
彼女「えっ……!?」

その後、彼氏さんは私にパグを引き渡しながら

「本当クリーニング代は結構ですから。むしろありがとうございます」

と言って、真っ赤になって固まってる彼女さんの手を引いて去ってしまった。
見送ってたら、彼女さん頷いてた!

サラッとプロポーズ現場を目撃してビックリしたが、それからずっとニヤニヤが止まらない。
ちくしょう幸せになりやがれ!
 
TAG :
犬コピペ
@公園

犬がした武勇伝

832 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2010/08/17(火) 21:38:24 ID:M0XSzemF

私じゃなくて犬が返した武勇伝。

車で5分くらいの所に大きい公園がある。
しょっちゅう行くわけじゃないんだけど、たまにワンコが「今日は公園気分(゚∀゚)!」って時には公園へ連れて行ってた。
夕方なので、暗くなる前に帰るよー、と一言添えてドッグラン内に鎖はずしてほっといたら
(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャとグルグル走る走る。

ああー、うちの○○タン、バカカワイイよ可愛い!と見守っていたらいきなり後ろから突き飛ばされ、カバンをひったくられた。
いきなりすぎて何も出来ず頭真っ白になり転んだ瞬間、うちの犬がドッグランの柵を飛び越え、
「ウギャワワワワワワあwせdrftvぎゅにmwせdrf!!!」
と引ったくり犯を追跡、襲われてパニくる犯人をかみまくり、押し倒し、バッグを咥えて戻ってきた。

倒れたまま呆然としている私をものすごい勢いで私の顔をベロベロ舐めながらひったくり犯を威嚇してたんだけど、引ったくり犯はそのまま逃亡。

結局ひったくり犯はつかまらなかったけど、家族からメチャクチャほめられた犬はあれから気を良くして、子供扱い?される。
っていっても携帯がなったら一回自分が咥えて大丈夫、と判定してから渡してくれたりとか、
ジャーキの隠し場所を「ほらね?ここにあるからお腹すいたら食べるんだよ?」と教えてくれたりで小さいんだけどww携帯よだれまみれw

ちなみにアレから公園行くと、ボディガードよろしく私のそばから離れなくなった。
ゴメン。チョい親バカ入ってますw
 
TAG :
犬コピペ
@公園

大学生のときのイタズラ

326 :本当にあった怖い名無し :04/10/19 18:10:07 ID:LQz80fpq

大学生のときのイタズラ

20歳超えると、よく英会話だのセールスの電話がかかってきた。
内容はどこかで会って話しがしたいとのことだったのである日、

「めがねをかけて赤い上着を着て自転車にまたがって○○公園で待ってます」と約束した。

その後、友人たちに協力を要請。

20人ほどのめがねを掛けて赤い上着を羽織った自転車野郎が○○公園に集合。
あまり広くない公園で、20人がそれぞれに時間をつぶしている。

1人おねえちゃんが公園に入ってきたが、しばらく呆然とした後、誰にも声をかけずに帰っていった。
 
TAG :
@公園

大きな木の下に立っている人

767 :本当にあった怖い名無し:2007/09/02(日) 01:57:00 ID:dTYP9ZsB0

俺の部屋から外を見下ろすとちょっとした公園があって
よくジョギングしてる人や散歩してる人・・・・
遊んでる子供や休憩してる人など、いつも誰かしら居る
夏になると夜中でも近所の中高生くらいのガキが辺りを気にぜず大声で喚いている
そんな奴らも帰って静けさを取り戻す時刻、
流石にこんな時間までうろちょろしてる人間は居ないだろうと
窓から外を見てみると、大きな木に寄り掛かる様に立っている人がいた
ちょっと立ち寄っただけか?しばらくしたら居なくなるだろう
そう思って1時間後に見てみるとそいつはまだそこに立ってた
何やってるんだ? たまに右往左往している
誰かを待っているのか?
どんな奴か顔を見てみたいがこの位置からでは木の葉が邪魔して見る事が出来ない
見えるのは胸元辺りまでだ
その日から気づくとそいつは、いつも同じ服を着て
何時間も大きな木の下に立っている
昼間は居ないのだが、暗くなると何時の間にか立っている
時折そいつの前を人が通るのだが誰も気にする人が居ない
それが返って不気味に思えた
下に降りて確認したい気持ちはあるものの
時間が時間だけに勇気が出ない
そして月日が経ち秋になった
大きな木の葉も枯葉となり、次第に遮るものが無くなっていく
もう何日かしたら顔を拝めるぞ
俺は期待と不安で胸が高鳴った
そして正体を知る日が訪れた

そいつは首が無いマネキンだった
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@公園

ケンちゃんとかくれんぼ

昔公園で友達らとかくれんぼをした。
かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時。
只でさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。
鬼には絶対なりたくなかった。

ジャンケンに勝ち、なんとか鬼を免れた僕はケンちゃんと一緒に講習トイレの屋根の上に隠れた。

「皆どこに隠れたのかな」
「さあ皆隠れるの上手いからな」
「でもター君は身体が大きいからショウ君達より先に見つかっちゃうかもね」

僕達は息を殺して、そこに隠れていた。
どの位たった頃だろうか、ケンちゃんが「トイレ行ってくる」と僕に小さな声で言ってきた。

見つかるからと止めたけど我慢出来なかったのかケンちゃんは下に降りて行ってしまった。
その時「みーつけた」と声が聞こえた。
どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい。

その日から鬼はケンちゃんの両親になった。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@公園

小学生ってバカだな

自然公園みたいな場所に車止めて便所行ったさっきの話。

子供達がピョンピョン飛び跳ねてたんで『何してるの?』って聞いた。
そしたら『向こうに浮いてる人がいたから、真似してる』と林の方を指さした。

仕事中だし急ぐから、そのまま車に戻ったんだけど、小学生ってバカだな。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@公園
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3929位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
319位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。