スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無音

367 トンネル sage New! 2006/03/23(木) 05:55:12 ID:9CqpncSl0

昔の話だが聞いてくれ

飲み仲間達と心霊スポットへ行こうと言う話になり
男2人女2人のベタな編成でベタな地元の怪トンネルに行く事になった

トンネルにまつわる噂もよく聞くものでクラクションを鳴らすと霊が出る
手形がべったり車につけられる、そんな都市伝説的なものだったので
たいして期待もせずワイワイと騒ぎながらAの車でトンネルへ向かった・・

一番はりきっていたのはAで昔からの親友でもある
手形がついたらすぐ解るようにと洗車までしてきたオカルト好きだ
B子とC美は飲み友達でとくに霊感もなくノリで参加したようだった
俺は友達とはいえ女の子とはしゃぎながらのドライブに満足していた

軽くビールを飲みながら田舎の山道を走り30分ほどで問題のトンネルに到着
さすがに雰囲気は満点でAがトンネルに入る前に自慢の怖い話をして盛り上げる
クラクションをピーピー鳴らして気合いを入れると徐行しつつトンネルへ進入していった

中は明かりがついてるにもかかわらず妙に薄暗く全員口数が少なくなってきたところでAが

「よし!ここら辺でクラクションいくか?」と嬉しそうに言う

女の子達は怖いね~と言いつつ嬉しそうだドキドキしながらAを煽る


368 トンネル② sage New! 2006/03/23(木) 05:56:53 ID:9CqpncSl0

Aは「いくぞ~!」と言うと同時にクラクションを鳴らした。
すると「プヒ~ン」とありえない程なさけない音がトンネル内を響いた
全員大爆笑で「何この音??ww」「面白すぎww」と雰囲気ぶち壊しで大笑い

ハマッタ俺達はクラクションを連打し337拍子をしてみたりと大爆笑
「プップヒップヒヒーン」と鳴らせば鳴らす程なさけない音が響く

しかし異変はこんな大爆笑の中突然起こった

突然全員が笑うのやめシーンとなったあれ?と思い後部座席の女の子達を見てみると口をぱくぱくとさせて笑っている。というより顔が笑っている
俺の耳がおかしいと気がつくのに時間はかからなかった
まったくの無音で喋っているつもりだが自分の声すら聞こえない絶対無音

AやB子C美に大声で助けを求めたところ全員同じ現象が起きたらしく
口をぱくぱくさせながらジェスチャーで耳が聞こえないと訴えてきた

Aがガクガクと振るえながら大急ぎで車を走らせる
俺は絶対無音の中恐ろしくて後ろも振り返れなかった・・
何か見てしまいそうで怖かったからだ

トンネルを抜けても無音は変わらずあ゛ーあ゛ーと騒ぐも何も聞こえない


369 トンネル③ sage New! 2006/03/23(木) 05:57:55 ID:9CqpncSl0

10分程走り山道を抜けたあたりで「治った?」とB子の声が聞こえ異常な現象が終わったと確認できた
B子とC美は後部座席で怖かったとワンワン泣きじゃくり
情けない事に俺も安心したのかボロボロと涙を流していた
Aはトンネルから出る時点で泣いていたので全員で泣きながらのドライブとなった

やっとコンビニを発見しホットコーヒーを買い落ち着いたところで
全員でさっき起きたことについて口々に語りあった
俺とB子、C美が興奮しながら何も聞こえなくなった事を熱く語っているとAが
「俺お前等おかしくなってすげー怖かった」とまた泣き出した

実は何故かAだけは何事もなく聞こえていたらしく
突然笑っていた俺達が大声で

「あ゛ーあ゛ー」
「何コレ?何も聞こえない」
「助けて!」

などと言い出し全員狂ったんじゃないかと思い怖かったんだと涙ながらに打ち明けた

その後とくに何事もなく日々を過ごしているが
今でもトンネルを通ると思い出し洒落にならないほど怖いといっている

長文、駄文スマソ
 
スポンサーサイト
TAG :
@トンネル

廃トンネルのイヤな匂い

今考えると不思議な話。
どう書いていいか説明が難しいが聞いてくれ。
わたしの地元の心霊スポットに今は使ってない廃トンネルがある。
二年くらい前に当時の彼女とそのトンネルに肝試しにいった時。
ガソリンの匂いがする!と彼女がとつぜん叫んだ。
さあ?気のせいじゃね?とわたしは誤魔化したが、確かに臭う!
なんつーか、ガソリンというよりも人肉の焼ける匂いって感じだ。
イヤな匂いだが、懐かしくも感じた。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@トンネル
@廃墟

きさらぎ駅(後篇)

※非常に長いので、追記に格納いたします。(PCから閲覧の方のみ)

このコピペは2004年に、2ちゃんねるのオカルト板に書き込まれたものである。
実際に書き込まれた内容をまとめて掲載。
書き込み主の発言は赤色で表示。

この記事は、きさらぎ駅(前篇)の後篇となっております。
先に前篇の、きさらぎ駅(前篇)をご覧ください。
 
TAG :
2chであった怖い話
@PC・ネット
@トンネル

三人の女性徒

あるところに通ると必ず幽霊に会うトンネルがありました。
トンネルの近くにある中学校の女生徒が三人、そこに肝試しに行くことにしました。
夜行くと怖いのでお昼間に行きましたが、お昼に見てもトンネルはやっぱり怖く、三人手をつないで走り抜けることにしました。

トンネルを走り抜けた後、息を切らしながら三人は声をそろえて言いました。

「真ん中でよかった」
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@トンネル

トンネルでの肝試し

その晩は雨が強く降っていた。
そんな日に暇を持て余していると肝試しをしようと言い出し、出るというトンネルに向かった。
現場に着き、トンネルの手前で脇に車を一時停車した。
その手の感覚は鈍いほうなんだが、なんとなく嫌な雰囲気を感じた。

しばらくの休憩の後、ゆっくりとトンネルに進入を始めた。
こういう体験は初めてなので妙な高揚感を感じた。
友人達もいい年して遊園地にきた子どもみたいに目を輝かせていた。

そんなに寂れた場所ではないんだが後続の車が来なかった。
なので出来る限りスピードを落として進んだ。なにか起きることを期待して。

しかし、何も起こらない内にトンネルの終端まで来てしまった。
友人達も何か妙な物を見た様子はなかった。
もう一度行ってみようということになり、トンネルの端でUターンさせた。

今度も何も起こらない。つまらないので何度も往復しようということになった。
雨が強くなってきたのか、車を叩く音もうるさくなってきた。

3、4往復したころだろうか突然友人の一人が「おい、もう帰ろう」と言い出した。
何も起こらくて、飽きたのかと思ったんだが、どうも声の調子がおかしい。

出口が見えるあたりで車を停車させ、後ろを振り返った。
帰ろうと言い出した友人は肩を縮め、寒さに震えるような格好をしていた。
もう一人の友人はその様子を見てキョトンとしている。
「ん?どうした?何か見たのか?」と聞くが「とにかくここを出よう」と言うばかり。
まさか『何か』を見たのか?期待と不安で動機が早くなってきた。
雨が一層強くなり、ボンネットを叩く音が耳ざわりに感じる。

とにかく、一旦ここを出て落ち着いて話せる場所を探しことにした。
国道沿いのファミレスに寄りようやく一息ついた。
夏も近い季節だというのに凍えるようにしていた友人もようやく落ち着いてきたみたいだ。

「なぁ、もう大丈夫だろ?なにを見たんだ?」

俺が聞くが友人は俺達を睨みながら答えた。

「聞こえなかったのか?あれが」

妙な怪音の類か?それとも声?しかし俺には心当たりはなかった。
もう一人の友人も何が何だかという感じだった。

「別になにも……まぁ車を運転してたし、雨がうるさかったしな」
「聞こえてたじゃないか!」

友人はいきなり声を張り上げた。
何を言ってる意味がわからない。

「何を聞こえてたって?はっきり言えよ」

突然の大声に苛立ちを覚え、少し強めの口調で言った。
しばらくの重い沈黙が続いた後、彼が口を開いた。

「雨だよ…雨の音」
「俺達はずっとトンネルの中に居たんだよ!雨が当たるわけないだろ!」
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@トンネル
@車

雌殺しトンネル

あれは私が18歳の頃地元でも有名な心霊スポットへ行った時のことでした。
当時私は同じ学年の男子と付き合っており、その他のカップル達とグループ交際をしていました。

3組のカップル、計6人で山の中にある古いトンネルに向かいました。
トンネルの前にあるスペースに車を止め、静かに中へ。
中は驚くほど静かでした。
私はあまりにも恐かったので彼の腕にしがみ付き眼を閉じていました。

私たちの前では他のカップル(仮にAとBとします)

A「やだ~B、恐いよー」
B「大丈夫だって、いざって時は俺が守ってやるから・・・・・・」
A「B・・・・私Bがいれば恐くない!」

などとバカップル振りを発揮し、ずっとイチャイチャしていました。

A「んーBがキスしてくれれば恐くなくなるかも・・・・」
B「えーしょうがねーなー・・・・・・」

Bがキスしようとしたその時、

「オエエェェェ!!」

誰かが吐くような声が聞こえて来ました。
みんながシン・・・としていると今度は明らかに私たちの後ろから、

「ッチ!」

と舌打ちする音が聞こえてきたのです。
私たちはすっかりパニックになってしまい急いで車に飛び乗り家に帰りました。

その後霊感の強い知り合いに話を聞くと、

「あそこは危ない、特に女性を連れてるとその人は大体不幸な目にあうから、『雌殺しトンネル』って呼ばれてるんだ」

と教えてくれました。

幸い私たちは全員男だったので事無きを得ましたが、もし私が女性だったら・・・・・と今でも鳥肌が立ちます。
TAG :
意味がわかると笑えるコピペ
@トンネル
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
199位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。