スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「扉から離れて!」

彼はエレベーターの管理、修理をしている。
ある日、病院のエレベーターが故障して止まってしまった、と連絡を受けた。

すぐに車を飛ばしたが、到着した時には2時間がたっていた。
現場へむかうと、人だかりがしている。
中には看護婦が閉じ込められているらしい。

「大丈夫ですかあっ!」

彼が呼びかけると、怯えた女性の声が返ってきた。

「出してください。はやくここから出して!」
がんがん扉を叩く音がする。
「待ってください。今すぐに助けます」

道具を並べ、作業に取り掛かった。

「扉から離れていてください!」と叫ぶ。
「はやくはやくはやく!」

がんがんがんがんがん!!

「扉から離れて!」

彼はもう一度叫んだ。
がんがんがんがんがんがんがんがんがんがんがんがん!!!

扉は狂ったように内側から叩かれている。
ちょっと尋常ではない。
パニックになっているのだろうか…。

周りの人も不安げに顔を見合わせている。
見かねて院長が扉に近寄って、怒鳴った。

「扉から離れなさい!危険だから!」
「離れてます!!」

女の悲鳴のような声が聞こえた。

「暗くてわからないけど…ここ、なにかいるみたいなんです!」

彼はぞっととした。
じゃあ、今目の前で扉を殴打しているのはなんだ?
つとめて考えないようにして大急ぎで作業にかかった。

扉を開けたとき、看護婦は壁の隅に縮こまり、しゃがみ込んで泣いていた。

彼女曰く、電気が消えた後、何者かが寄り添って立っている気配がしたという。
気配は徐々に増え、彼が来る頃には、エレベーターの中はそいつらで一杯だったそうだ。
 
スポンサーサイト
TAG :
@エレベーター

エレベーターの優しい男性

私の住んでいるマンションは、結構昔に建てられた12階立てマンションみたいで、エレベーターもまあまあ昔のものであると不動産の人から聞いた事がある。
だから家賃も安いのだが、一つ不利な事に私は盲目で、しかもマンションの最上階に住んでいるのだ。
まあ、エレベーターがあるから登り降りには苦労しませんけどね。

そんな私も、今日買い物に行くため1人、盲目者用の棒を持ってエレベーターに向かった。
エレベーターのボタンを押すとドアが開く音がした。
中に入ると男性の方が優しく声をかけてくれた。

「何階ですか?ボタン押しますよ」

私が「一階でお願いします。」と言うと男性の方は
「はい、わかりました」と言うとボタンの「カチッ」と押す音がした。

「チーン」

ボタンを押してから5秒後位にエレベーターの着いた音がした。

男性「一階に着きましたよ1人で大丈夫ですか?よかったらマンション出るまで付き添いますよ」

なんて優しい男性なのだろう……
私と男性は、エレベーターを下り少し歩きドアを開けると、気持ちのいい風が吹いてきた。

私「気持ちのいい風が吹いてますね」
男性「そうですね」
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター
人間が一番怖い

エレベーターの女

8階に住んでいる

仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ
にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。

ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。
暗いのもすぐに理由がわかった。
何本かの蛍光灯の1本が切れている
今に始まったことじゃない。ココの管理人は仕事が遅い

エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした
中に人が居る・・・・ドアに背を向けじっと立っている
赤いリボンと赤のワンピース女だ

乗り込むのを一瞬躊躇したが乗らないのも変なのでそっと入り込んだ
女に背を向けた状態で8階を押した。
ボタンがどれも押してないことに気が尽き失敗したとすぐに思った。
自分の住んでる階を押したくなかった

階上ランプを見つめながらエレベーターってこんなに遅かったかって考えていた
女は後ろを向いたままじっとして動かない
8階に着きエレベーターを降りたが女は変わらず後ろを向いている

部屋に着き少し落ち着きシャワーを浴びた
ビールを飲み二缶目を飲もうとして冷蔵庫が空なのに気づいた
近くにコンビニがある。サンダルを引っ掛けエレベーターを呼んだ

ドアが開くと女が乗っていた
さっきと同じ格好で背を向けじっと動かない

今度は乗れなかった
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

高層ビルのエレベーター

ある高層ビルのエレベーターがそこには定員ぎりぎりまで乗っていました。
途中でそのエレベーターのワイヤーが切れてしまい一番下まで落下してしまいました。

しかしその事故では一人も怪我人はでなかったそうです。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

満員のエレベーター

夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。

今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。

エレベーターを待ってたのは、おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2人、男子高校生、黒いスーツの男、背中にガキをおんぶして幼稚園児の手を引いた若い母ちゃん。
次々に乗り込んで、最後に俺が乗った。

けど、ドアを閉めようとした時、白いワンピースの女がするりと乗ってきたんだよ。
で、「ブー」ってブザーが鳴ったんだよな。定員が九人だからさ。

恥ずかしそうに降りようとするから、代わりに俺が降りてやった。
彼女は「ありがとう」と小さく笑った。それが可愛くてさ。
まぁ、単に俺は満員が狭くて嫌なだけだったんだけどw得した気分w

そうそう、部屋に帰ってテレビつけたらニュースやっててさ、なんかどっかのOLが行方不明なんだってよ。
それが超この辺で、ゾッとしたおかげでちょっと涼しくなったわ。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

エレベーターと眼鏡

友人の住むマンションのエレベーターは、奥が鏡張りになっている。
家に遊びに行った時、その友人が俺にこんな話をした。

「エレベーターって入口の方を向いて乗るじゃん、そうすると鏡が背後でしょ」
ま、確かに。普通はそうやって乗るね。
「でね、乗ってる時になんだか背後に視線を感じる時があるんだよね・・・・・」
え?おいおいまさか・・・・・。
「だけどよーく考えたらさ、背後の鏡に映ってる自分の視線なんだよねw」

やっぱりそう来たか。そりゃお前、勘違いってヤツだぞ。
背後の鏡に映ってる自分は背中を向けた自分。視線など感じるわけがない。
俺がその理論を述べると、友人は「あはは、そっかーw」と笑っていた。

夜も更け、友人宅をおいとました俺は件のエレベーターに乗る。
ん?・・・・・なんだか背後に視線を感じる?
そんな馬鹿な話あるわけない。さっき理論的に解明したばかりじゃないか。
気になり、背中を向けたまま手鏡で覗いてみる。もちろん映るのは俺の背中。

ふと振り返ると、鏡に映るのは眼鏡をかけた俺の顔。・・・当たり前の事だ。
馬鹿馬鹿しい、何やってんだ俺はw
自嘲の笑いが込み上げて来た瞬間、突然グラッと大きな揺れを感じる。

地震だった。
エレベーターは止まり、白い蛍光灯が消え、代わりに薄暗い電球が灯った。
非常停止状態らしい。咄嗟の事にうろたえる俺が鏡に映っている。
が、すぐにまた蛍光灯がつき、エレベーターも何事なく再び動き出した。

1階に着き、駐車場へ向かう。ちょっと焦ったせいか鼓動が少し早い。

車に乗った俺は「あれ、エレベーターに眼鏡忘れたかな?」と思った。
だが、眼鏡はちゃんとかけてあった。
なんだ・・・・・動揺して気が変になったか。

それにしてもなぜ眼鏡忘れたなんて思ったんだろう。なんか違和感があるな。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

エレベーターの節電ボタン

最近のエレベーターは節電のせいかボタン押すと電気ついて動き出すんだな。
知らずにぼけっと押したら急に眩しくなったから驚いて声出ちゃったよ。

中に女の人のってて睨まれちったw
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

8階のボタン

友人の話。

その友人は高層マンションに住んでいます。
彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。

夜中に帰宅したときのことです。
エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』

そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。
エレベーターは2階は通過してしまったものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。
そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。

『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』

そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

不審な男

終電で帰宅し、オートロックを解除しマンションの玄関に入ると同時に男が一人入ってきた。
エレベーターに乗ると男も乗り込んでくる。
私が9階を押すと男はどの階のボタンも押さず私の背後に立った。
こんな男このマンションで見かけたことはない。
私は男がエレベーターに乗り込むと同時に入れ替わりで降りてしまわなかったことを激しく後悔した。
心なしか男の息遣いが荒くなっている気がする。
私に着いてエレベーターを降り、私が部屋のドアを閉める前に押し込む気なのか。
不安と焦燥が膨れ上がる。

エレベーターが9階に着き、ドアが開いた。
私が降りようとすると、後ろの男も動く気配がする。

私は振り向きざまいつもバッグに忍ばせているスタンガンを男の首筋に押し付けた。
エレベターの中で気を失って倒れた男を置いて部屋に戻ると、私は部屋の7つの鍵を全て施錠し警察に電話をかけた。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@エレベーター

ふるいエレベータ

昔、某放送局でお茶酌みや書類整理のアルバイトをしてた。
いまはお台場に移転して綺麗なビルになっている某放送局。
当時はすっごいふるいビルでエレベータも、ボタンを押し込むタイプ(ラジオ会館のやつと同じと言えばわかる人も居る?)だった。

そのエレベータが、良く途中で止まった。

最初は孤独感と怖さでガクブルだったけど、非常ボタン押せば、すぐに警備員さんと話が出来て復旧してもらえるので、慣れたら「またか・・」って感じになってた。

ところがある日から、そのエレベータに夜中に乗ると、下からうめき声が・・・という噂になった。
書類整理という仕事柄、作業が夜中に及ぶ事も多く、ちょっとそのエレベータを利用するのが怖くなった。

それから数週間後、深夜作業で大量のコピーを破棄しようと、台車に箱をいくつも積み引きながら後ろをみぃみぃ歩いた。

エレベータのボタンを押す。
「ち~ん」という音とともに扉が開く・・・・進もうと思うと背筋に冷たい風。
振り返ると、そこは真っ暗・・・・

「・・・・・箱が来てない!!」

腰が抜けた・・・。あわや8階から転落・・・・というところだった。

私は部屋に戻り警備員を呼びエレベータを使用禁止にしてもらった。
その日はタクシーで家に戻った。

翌日、いつもどおり出社すると、ビルの前にパトカーが数台・・・・。
何事かと聞くと、エレベータ坑の中に人が落ちてた・・・というのだ。

後から聞いた話だが、死後数週間。
恐らく、転落してから3~5日は生きていたのではないか・・・ということだった。
噂になったうめき声は・・・・・。
 
TAG :
@エレベーター
@会社
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
202位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。