スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い壁に、

つい最近、経験した、俺的に洒落にならない怖い話。
幽霊とかじゃないんだけど。

バイクが趣味でお盆休み一杯、帰省もかねてあちこちをウロウロしてた。
で、休みの最終日の夕方、また一人暮らしのワンルームマンションに帰ってきた。
一週間、誰一人入る者のいなかった独身男の部屋は、むわっと蒸し暑い。
クーラーをつけて熱いシャワーを浴びて、ビールのカンを空けてソファーに座り、ひといきついたその時。

ジジジジジジジジジジジジジジジジ!

部屋の中に大音量で奇妙な音が鳴り響いた。
音がした方向を見て、俺は「え!?」と固まった。

白い壁に、蝉、蝉、蝉。
蝉が10匹ほどとまっていた。
そのうちの一匹が、人の気配を感じてか、急に鳴きだしたのだ。
気持ち悪い。

だが、俺も男だ。
別に、虫が怖いわけでもなし。

どこから入ってきたのだろう?換気扇?

などと思いながら、壁の蝉の群れに近づいて、ぞっとした。
その蝉の、一匹一匹が、壁に虫ピンで固定されていた。
鳴いた蝉以外の他の蝉は、既に死んでおり、すっかり乾燥していた。

とりあえず、警察を呼んだ。盗られたものなし。
変質者の仕業であろう、と言う結論に。
カギをかけ忘れた小窓から進入した可能性あり、と。
5Fなんだけどね、俺の部屋。

蝉の乾燥の具合の程度が異なることから、何日にもわたって変質者が俺の部屋に居座った可能性もある、とのこと。
あらかじめ、死んだ蝉を持ち込んだ可能性もあるけど。

生きた蝉もいたことから、最悪、その日の朝くらいまで変質者が居た可能性も…。
さすがに気持ち悪かったので、冷蔵庫の中のもの、飲みかけのウィスキーのボトルの中身、全部捨てた。
蝉と虫ピンは、警察が全部持っていった。
 
スポンサーサイト
TAG :
虫コピペ
@家・自宅

耳にゴ○ブリ

48 :おさかなくわえた名無しさん :03/03/25 15:56 ID:0dlWASTz

うちの彼女昔寝てる時に耳にゴキブリ入って大騒ぎだったらしい。
今は寝る時耳栓しないと寝れないんだと。えらいこっちゃ。


49 :おさかなくわえた名無しさん :03/03/25 16:21 ID:OgCZyl+8

>>48
彼等はバックできないから

これマジで嫌だ。トラウマになる気持ち分かる


143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/09/29 15:41

アレが耳に入る話は聞いたことあるなあ。

ある人が夜寝てたら耳元でガサガサ聞こえたんだと。
でも眠かったから放置してそのまま寝た。

次の日起きると耳の奥が異常に痛い。しかもガサガサ動いてる。
堪えきれず病院に行き、耳の奥を漁ってみたらどうやら巨大な黒い物体が耳の奥でぴったり収まってる。
しかし取り除こうにも中の物体は奥に奥に逃げ込もうとして一向に取り出せない。
その間も患者は痛みで堪えきれなさそうにしてる。

仕方なしに耳に注射を差し込んで、その物体を薬品で殺すことにした。
それはしばらくもがいていたもののやがて動かなくなった。

しばらくして、苦心してその物体を引っこ抜いてみると、それは巨大なゴキブリだった、と。
 
TAG :
虫コピペ

風呂桶の下

引っ越した。新居は2DKのアパート。
どの部屋もきれいにクリーニングしてある。

しかしどうも風呂場が臭い。くんくん原因を探すと、風呂桶の下。
1cmばかりの隙間を覗き込むと、奥まで真っ黒で、悪臭が立ち上ってくる。

「見えないところまで掃除するのがプロってもんだろうが」
と文句を言いながら強力ドメストを奥の隙間から流し込んだ。

大中小、無数のゴキブリが這い出てきた。
 
TAG :
@家・自宅
虫コピペ

Aが引篭もりになった経緯

325 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 10:49:17 ID:y7w9Id7T0

高校の頃の話。

クラスの中でも有名なDQNのAがある日突然学校に来なくなった。
風の噂では突然精神が不安定になり、ずっと家に引き篭っているという。

昨日までは元気に暴れていたAが突如引篭もりになった経緯に皆が興味津々だったが、何故かそのAの仲間が誰も詳細を喋ろうとしないので結局詳しいことは分からずじまい。
Aもその後学校をやめてしまい、結局真相は闇のままだった。

んで一年程前、そのAの元仲間だった男(今ではまともなサラリーマン)と偶然出会い、色々と昔話に花を咲かせていた。
その席で彼からあの日、Aに何が起こったのか聞き出すことができた。

Aはあの日数人の仲間を引き連れてカツアゲに勤しんでいたらしく、一人の学生をターゲットにして近所の廃屋に連れて言ったという。
三人で学生を取り囲み、Aは脅しのつもりか、近くにあった一斗缶の大型みたいな箱をおおむろに蹴った。

すると、突然その一斗缶から無数の ゴ キ ブ リ が煙の如く飛び出してきた。

実はその廃屋はあの当時最近潰れた雑貨屋で、その一斗缶には使い捨てられた油が大量に放置されていたらしい。
その油目当てに群がっていたゴキブリがAに蹴られた拍子に、驚いて飛び出してきたのだ。

悲鳴をあげる三人(A以外のDQN+学生)、無数のゴキブリの群れをモロに浴びるA。
恥も外見もなく逃げ出す三人が最後に見たのは、全身ゴキまみれで転げまわるAの姿だった。

しばらくしてAを放っておけず仲間たちが恐る恐る引き返してみると、そこにはGにまとわりつかれ全身真っ黒にして仰向けに倒れているAの姿だった。
慌ててGを引き剥がす仲間たち、見てみると生きているものの他に潰れたものが大量に服に付着している。

さらにそのゴキブリの群れの中で、Aはただひたすらに笑っていたという。
……Aは全身ゴキに襲われたあまりの恐怖で、精神を病んでしまったのだ。

2chで一斗缶の油にゴキブリが群がる話を見て、やっぱりゴキブリは油に群がるんだなと思い出した話。
あれ以来俺はゴキブリが怖くてたまらない。

これはゴキの武勇伝に入るのか、それともホラーに入るのか……。
TAG :
虫コピペ

缶入りサラダオイル

大学に入学して一人暮らしで自炊を始めたのですが、、
1年経ち、2年も経つころには、すっかり自炊熱も冷めほとんど外食か、ホカホカ弁当になっていました。

大学4年になったころ、また少々自炊するようになり、入学した頃に購入した四角い1リットルくらいの缶入りサラダオイルが再び日の目をあびることになりました。

フライパンに油をチョット垂らしてみると、いやに茶色い。

「まあ、4年も経てばアブラも酸化するしなあ、まあ、火を通すからOKだよね」
なんて一人で納得して気にもとめず、そのまま使い続けました。

大学も卒業間近になって、ようやくそのサラダオイルも無くなりそうになってきて、缶を大きく傾けなければ油が出ないようになってきました。

ある日、缶の口から油と一緒につぶ餡の小倉の皮のようなものが2~3枚出てきました。
「ゴミでも入ってたかなあ」などどと軽く考えていたのですが、次の日もまた次の日もアブラを出すたびにつぶ餡の皮がどんどん出てきます。
不信に思った私は、意を決して、サラダ油の缶の蓋全体を缶きりでキコキコ開けたのです。

その瞬間、目に飛び込んできたものは…百匹はいるであろう大小のゴキブリの大群。
まだ、半分くらいは息がある様子でウヨウヨとうごめいていました。
そう、私が使用していたサラダオイルの缶は4年の間にゴキブリの巣と化していたのです。
そして、つぶ餡の皮はゴキブリの死骸からもげた羽だったのです。

その事実を悟った時、一瞬にして顔面蒼白になったのを感じました。
 
TAG :
@家・自宅
虫コピペ

ムシキング好きの男の子

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。
ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。
男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引き裂いた。

「何をやっているのっ!?」

息子の異様な行動に母親が鬼の形相で怒鳴る。

「動かなくなったから電池を換えようとしたんだ。」

母親は悲しい顔をして、もう死んでいるのだと言い聞かせた。
すると息子は不思議そうな顔で母親を眺めて言った。

「だってママはパパが動かなくなったときにお腹を切ってたでしょ?」

次の日母親は、警察に息子の捜索願いを出した。
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
@家・自宅
虫コピペ

★赤黒い麩菓子

その昔小学校に通っていた頃、学校指定の上履きやらを売っている文具屋兼駄菓子屋に15年振りに立ち寄った。
当時から老けていたおばあさんが何一つ変わらないローテンションで出てきたのに感心しつつ、昔嗜んだ赤黒い麩菓子を袋ごと購入した。

車での途上、カミさんと二人で食べる事にした。

「なるたけ黒っぽい(砂糖の固まったヤツ)のをくれ」

カミさんが運転してる俺を気遣って口にそのまま放り込む。
味は当時と何ら変わらない、暫し憧憬。

ふと、妙に麩菓子内が湿っているような食感を覚えた。
普通は「パリッ、パリッ」と小気味いい音を立てるものだ。
不思議に思い、くわえている麩菓子の断面に何気なく目を落とすと・・・・・
そこには、白い麩と同化してにょろにょろと動く”蛆”の姿が・・・・
余りのショックで事故りそうになりながらも路側帯に停車して改めて内容を確認すると、やっぱり”蛆”だ・・・

道理でビニール袋に小さな穴が開いてるわけだ・・・・
まあ、地域や風習によっては蛆ぐらい食べるだろうし、栄養価も高いそうだし、害にはならん、と言い聞かせた。
どう考えても食べてるから、俺。食べちゃってるから!別に罰ゲームでもねぇのに!

気を取り直して半ばどうでもよくなっちゃってる俺を後目にカミさんは見たこともない形相で
「あの駄菓子屋に行けっ!」と凄い剣幕。
俺に食ってかかられるのも癪なのでそのまま件の駄菓子屋に直行、

「この人のお腹の中で蠅が大量に発生したらどうしてくれる!」

と、ディスクジョッキーで生きたゴキブリを食べて腹で孵化して内臓を食い破り荼毘に臥した例を持ち出しながら激昂して訴えていた。

色んな事考えたな。
ガキの時分食べてたヤツにも入ってたんだろうな・・・・

あの日以来、麩菓子が食えない。
 
TAG :
虫コピペ

たこっぽいもの

有名なたこ焼き屋があるというので行ってみることにした。
三浦半島にあるそのお店にいってみると、小汚いし客もそんなに居ないようだ。

しかし、食べてみると肝心の蛸が入ってない。たこっぽいものはあるのだが食感が違う。
俺はおやじに問い詰めた。

俺「おやじ!大きい蛸入りたこ焼きと銘うっといてまったく蛸がはいってないじゃないか!どうしてくれるんだ!」



おやじ「お客様、それは大きな誤解です」
TAG :
意味がわかると怖いコピペ
虫コピペ
@飲食店

家族が殺された

僕の家族は両親と弟2人の5人家族です。
両親は僕達の為に毎日寝る間も惜しんで仕事をしてくれています。

ある日、両親が仕事帰りに殺されました。
場所は違うけど撲殺という同じ殺され方です。
母の死体の横には僕達の晩ご飯が転がっていました。
帰ってそれを食べようとしたけど、あまりの悲しさに僕だけは食べれませんでした。

次の日、弟2人が泡を噴いて死んでいました。

なぜ僕の家族が殺されるのか考えてもわからない…。
わかるのは、犯人が大家だということだ。

僕も見つかり次第、殺されるのはあたりまえだ。

僕は、だれ?
TAG :
意味がわかると怖くないコピペ
虫コピペ
@家・自宅
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
133位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。