スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島 一家行方不明事件

平成14年9月7日、広島県世羅町京丸の「京丸ダム」の湖底に車が転落しているのを通行人が発見し警察に通報。

車内からは四人の遺体が見つかり、遺体は昨年6月4日から一家4人で行方が分からなくなっていた同町戸張の会社員山上政弘さん(58)、妻の会社員順子さん(51)、長女の元小学校教諭 千枝さん(26)、母三枝さん(79)と判明した。

県警では事件、事故の両面で捜査しているが、地形から交通事故の可能性は低いという。
そのため無理心中の可能性もあるとみて調べを進めている。

一家が失踪した当時、自宅は施錠され、屋内には争った形跡もなく、順子さんはこの日勤め先の社員旅行で中国へ出発する予定で、荷造りした旅行かばんもそのまま残されており、また食卓には朝食が虫よけネットをかけて手付かずの状態で残されていた。

突然一家4人がいなくなったため、テレビのワイドショーなどで「神隠し」と騒がれた。

一家が失踪した当時、近隣の人々は口々に“神隠し”だと言っていたという。
この“神隠し”という言葉が使われた理由は、その不可解な状況での失踪という他に実はもう一つ因縁めいた理由があったのである・・・

同町の大将神山という山には古くから神隠しの伝説があった。

その昔、この辺りを治めていた長者の家にお夏という使用人が居た。
日頃より長者はこのお夏に目を掛けていたが、ある日お夏が大将神山に
行ったきり帰ってこなくなっってしまった。村人達が総出でお夏を探したが、いくら探してもとうとうお夏は見つからず、人々はお夏は神隠しにあったのだと言いあった。

そんな伝説のある大神将山は、かつて山上家の所有だったというのである。
偶然と言ってしまえばそれまでだが、何とも奇妙な巡り合せではないだろうか・・・
 
スポンサーサイト
TAG :
実際にあった事件事故
@家・自宅

松岡伸矢くん行方不明事件

親類宅の前で、父親が目を離した20秒(40秒?)の間に姿を消す。

前日3月6日、両親と共に徳島県小松島市で祖母の葬式に出席。
その夜は親戚宅で就寝した。

朝起きて8時15分頃、父・姉・弟・従姉妹と親戚宅前を数分散歩に出かける。
玄関から入ってこなかったので、父は抱いていた弟を家の中の母に渡し、すぐに玄関先に出てみたが、そこにいたはずなのにいなくなっていた。

すぐに家族で手分けして探し、昼過ぎには警察に通報し、警察犬も出動。
警察・消防・地元市民による大規模な山狩りもしたが消息不明。

一家が牛久市に帰る前日の3月15日頃、夜親戚宅にいる母親宛に「ナカハラマリコの母親」だと名乗る徳島弁独特のアクセントの女性から不審な電話があった。
声の主は「成蹊幼稚園の月組の父兄です。幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」と尋ねた。

成蹊幼稚園とは伸矢くんの姉が通っていた幼稚園だった。

圭子さんは明日帰るという旨を伝えたが、その後ナカハラマリコの母親から連絡はなかった。
後日幼稚園に問い合わせてみたところ、見舞金を集めたという事実はなく、ナカハラマリコという名前の子供もいないことが判明した。

13年間50回を超えるテレビ出演で情報提供を求め、自宅の電話番号も公表した。
目撃証言は多くよせられ、信憑性の高いものもあった。

それらは全国津々浦々で目撃されていた。
 
TAG :
実際にあった事件事故

★名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートに会社員(当時31歳)の男性が帰宅。
室内で、妻である臨月の妊婦(当時27歳)が殺され、赤ちゃんが泣き叫んでいるのを発見した。

妻は両手を縛り上げられており、首に電気コードを巻かれ、絞殺されていた。
死体は、薄い鋭利な刃物で、みぞおちから下腹部にかけて縦38センチにわたって切り裂かれていた。
彼女の足元には、赤ん坊が、へその緒をつけたまま泣き叫んでいた。

犯人は妊婦を絞殺後、胎児を生きたまま取り出してへその緒を刃物で切断し、子宮にコードを切り離したプッシュホン式の電話の受話器と、キャラクター人形のついたキーホルダーを入れた後、妻の財布を奪って逃走した。

取り出された胎児は、太ももの裏、ひざの裏、睾丸の3箇所を刃物で切りつけられていたが、病院で約1時間の手術を受け一命を取り留めた。

なお、絞殺の凶器は別の物であり、首に電気コタツのコードが巻かれたのは死後とされている
(コンセントが刺さっていた状態で発見された)。
 
TAG :
実際にあった事件事故
@家・自宅

苫小牧市ネグレクト

苫小牧市の自宅に幼い長男と三男を1か月以上放置し、三男を死亡させて遺体を遺棄したとして、
殺人と死体遺棄、保護責任者遺棄の罪に問われた無職・山崎愛美被告(21)の判決公判(杉浦正樹裁判長)が2007年12月18日、札幌地裁室蘭支部でひらかれ、懲役15年(求刑懲役20年)が言い渡された。

裁判長が「幼い兄弟の飢えと苦痛は想像を絶する。
計画的で非情で残酷な犯行」とまで形容した、「置き去り」のおぞましい実情とはどんなものだったのか。

弁護側は「(被告の)不幸な生い立ちや、経済的な困窮」を挙げて情状酌量を求めていたが、判決や各紙の報道などから見える事件の実態はまさしく「地獄絵図」である。


事件は山崎被告が06年10月30日、自宅に鍵をかけた時から始まる。

山崎被告は長男と三男の存在を疎ましく思い、部屋に放置して餓死させることを考えた。
山崎被告はチャーハンを食べさせたあと、12月初旬まで交際相手の家に行ったままで2人を放置。
1か月間以上あとに再び自宅の鍵を開けるまで、2人の幼子は飢えのなかで苦しんでいた。

幼い三男は餓死したが、長男は生の米や生ゴミ、冷蔵庫にあったマヨネーズを食べて命をつないでいたという。
山崎被告は裁判のなかで、長男が生きていることに驚き、長男は「ママ、遅いよ」と駆け寄ってきたと証言している。

その後、山崎被告は三男の遺体を交際相手の家にある物置に遺棄した。
自分を放置したにも係らず「ママ、遅いよ」と駆け寄る長男の姿はなんとも哀れだ。

しかし、生きていた長男にとっては、弟の遺体を横に生活した体験は地獄ともいえる。


2007年6月8日の毎日新聞(北海道版)では、山崎被告の母(46)に対して行った
取材のなかで明らかになった、事件後に長男が発したとされる言葉を次のように紹介している。

「ママ怖い」
「そら(青空)、動かない(編注:『そら』は三男の名前)」
「口の中に虫いっぱい入ってた。ママ取ってた」
「ビニールかぶせた。口にガムテープ張った」。

長男は青空ちゃんの傷んだ遺体を愛美被告が隠そうとする様子を見ていたとみられる。

事件後には山崎被告が書き込んでいたと見られる
携帯電話サイトがインターネット上で大きな話題を呼んでいた。
そこには、

「あなたに逢えて、本当によかった(ハート)幸せ(ハート)愛してる(ハート)
 心から本当にそう思うよ(ハート)もぅ離さないでね」

と書かれていた。
2人の幼子に向けたものではないことだけは確かだ。

厚生労働省が公表している児童相談所への児童虐待相談件数(2006年度)は3万7323件。
そのうち、育児を放棄する「ネグレクト」(保護の怠慢ないし拒否)は38.5%の1万4365件にも上る。
 
TAG :
実際にあった事件事故
@家・自宅

★女子高生コンクリート詰め事件

【女子高生コンクリート詰め事件の内容】

◆アルバイト帰りの女子高生を誘拐しての不良仲間4人で輪姦
◆不良仲間の家に監禁し暴走族仲間十数人で輪姦、左記を知る関係者は100人に及ぶ
◆陰毛を剃り、陰部にマッチの軸木を挿入して火をつける。
◆全裸にしてディスコの曲に合わせて踊らせ、自慰行為を強要。
◆ゴキブリを食べさせる。
◆性器や肛門に鉄棒、ビンなどを挿入。
◆性器や肛門に入れたビンに釘を打ち肛門内、性器内で割った。
◆両鼓膜が激しく傷ついており、最後のほうはほとんど音が聞こえていなかった。
◆小指の生爪を剥がす。
◆殴打された顔面が腫れ上がり変形したのを見て「でけえ顔になった」と笑う。
◆度重なる暴行に耐えかねて、「もう殺して」と哀願することもあった。
◆顔面に蝋を垂らして顔一面を蝋で覆いつくし、両眼瞼に火のついたままの短くなった蝋燭を立てる。
◆衰弱して自力で階下の便所へ行くこともできず飲料パックにした尿をストローで飲ませる。
◆鼻口部から出血し、崩れた火傷の傷から血膿が出、室内に飛び散るなど凄惨な状況となった。
◆性器と肛門は完全に破壊され、原型をとどめておらず繋がってしまっていた。
◆素手では、血で手が汚れると考え、ビニール袋で拳を覆い、腹部、肩などを力まかせに数十回強打。
◆1.74kgのキックボクシング練習器で、ゴルフスイングの要領で力まかせに多数回殴打。
◆ダンベルを1メートル以上の高さから腹部に向けて落とす。
◆揮発性の高いジッポオイルなどを太腿部等に注ぎ、ライターで火を点ける。
◆あまりの恐怖に脳が縮小していた。
◆最初は手で火を消そうとするしぐさをしたものの、 やがて、ほとんど反応を示すこともなくなり、ぐったりとして横臥したままになった。
◆死んだのでコンクリート詰めにして放置。
◆遺体の乳房には数本の裁縫針が入っていた。
◆腸壁にも傷があった。
◆固まった血で鼻が詰まり、口呼吸しかできなかった。
◆歯茎にまともに付いている歯は一本もなかった。
◆あまりのストレスに生前頭髪が抜け落ちていた。
 
TAG :
実際にあった事件事故

もう一度母の子に生まれたい

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。
その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。
徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。


「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。
片桐被告が「すまんな」と謝ると、母は「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。
肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。
 
TAG :
家族系コピペ
実際にあった事件事故

福島女性教員宅便槽内怪死事件

郡山から車で1時間ほどの阿武隈山地に位置する福島県田村郡都路村(現田村市)。
山間の静かな村にある教員住宅で事件は起こった。

女性教員のAさん(23)が住まいとしている教員住宅に帰宅し、トイレに入って何気なく中を覗くと靴のようなものが見える。
(靴のうち1足が頭部付近にあった。もう一足はなぜか自宅付近の土手に落ちていた)
驚いて外の汲み取り口へ周ると蓋が開いていて、確認すると人間の足があった。
Aさんはただちに教頭先生ほか同僚の教員を呼び、警察へ通報する。

駆け付けた三春署員と村の消防団員は、便槽から引っ張りだそうとするも狭くて出せず、周りを掘り起こして便槽を壊し、どうにか取り出すことができた。
(便槽は後にSさんの父親が復元して保存している)

便槽の中の人物はすでに死亡しており、遺体は真冬なのに上半身裸で、着ていた上着を胸に抱えて膝を折り、顔をやや左に傾けた形で固まっていた。

遺体が発見された教員住宅のトイレの図解  (コチラより抜粋)

遺体はその場でホースの水で洗われ、さらに運ばれた消防団の詰所で洗われ医師による検案が行われた。
死因は「凍え兼胸部循環障害」と判定。
狭い場所で圧迫され凍死してしまったとの見解である。
ヒジ、ヒザにすり傷がある程度で目立った外傷も無かった。

遺体の身元はすぐに判明した。
村の青年会に所属するSさん(26)だったからである。
警察はSさんが覗き目的で便槽内に侵入し、狭さで出れなくなって凍死したものと判断した。

事故死として警察に処理されたこの事件だが、村内では疑問を呈する声が囁かれている。
死亡したSさんは村に両親と祖母の4人暮らし。スポーツと音楽が好きな好青年。
高校時代は仲間とバンドを組んでギターを弾き、自ら作詞もして、自作の詩を書いたノートを何冊も残している。

そのひとつは

「俺の言葉に泣いた奴が一人/俺を恨んだ奴が一人/それでも本当に俺を忘れないでいてくれる奴が一人/俺が死んだら、くちなしの花を飾ってくれる奴が一人/だがみんなあわせてたった一人/それは、誰、誰、誰なのだ」

仕事は隣町の原発保守を行う会社で営業主任を勤めていて、村では青年会のレクリエーション担当部長として中心的存在。
明るく人望もあり、結婚式では司会をよく頼まれ、村の村長選挙では応援演説を頼まれるほどの存在だったからだ。
そんなSさんが覗きをするために便槽に忍び込むとは考えられない、彼を知る誰もがそう話していた。

Sさんの足取りにも疑念が残る。
遺体で発見される4日前から足取りが途絶えていたのだ。

5日前の23日に先輩の送別会に出席、翌24日深夜1時ごろに店を出た。
その日の午前10時ごろ、父親は居間でテレビを見ていると、「ちょっと行ってくるからな」という声を聞いたのを記憶している。

そこから遺体発見までのSさんの足取りはプッツリと途絶えてしまっているのだ。
車は農協の駐車場でカギを付けた状態で発見されている。
靴が片方土手で発見されているのも不可解ではある。

事件後村内ではある噂が囁かれていた。
Sさんも応援演説した村長選挙は近年まれに見る、非常に厳しいものであった。
Sさんはその選挙に絡んで殺されたのではないか?という噂だ。

噂が噂を読んでしまいには「だれだれが怪しい」といた怪情報まで飛び交うにいたって、真相解明を求める署名活動が起こり、1ヶ月あまりで集まった4000人あまりの署名を、三春警察署へ提出している。
しかし警察はあくまで事件性が無いとして、捜査は行っていない。
実際、村長選挙程度で殺人を犯すとはそう考えにくいと思われる。

もうひとつ気になる事実がある。
Sさんと教師のAさんとは、Aさんの恋人を通じての知り合いだったというのだ。
そして、Aさんがいたずら電話に悩んでいる際には恋人と一緒にいたずら電話を録音し、警察に届け出ていたというのだ。

しかし結局この件で警察は動いてくれなかった。
こんな出来事がSさんとAさんの間に存在していたのである。

TAG :
実際にあった事件事故
@風呂・トイレ

加茂前ゆきちゃん失踪事件

1991(平成3)年3月15日、三重県四日市市豊田の加茂前ゆきちゃんが失踪した。

父、芳行さんは車の板金工場勤務。母市子さんはパート勤務。
3人の子供はいずれも女の子で、高校生の長女、小6の次女。
失踪したゆきちゃんは三女で小2(8歳)だった。

父は夜勤を終え、事件当日の朝帰宅し、失踪発覚までそのまま寝ていた。
学校は卒業シーズンで通常よりも帰宅が早くなっていたいたため、ゆきちゃんは午後2時頃帰宅していた。
ゆきちゃんは、友達から遊びに誘われたが、「約束がある」と断ってたらしい。


以下は事件発生の経緯。

・同2時半頃、母が家に電話した際ゆきちゃんが出て「今日夜勤で遅くなる」「わかった」と会話。
・同4時前頃、次女帰宅。
 まだ暖かい飲みかけのココアがテーブルの上にあるのを見たが、ゆきちゃんは家にいなかった。
・同4時半頃、父起床。ゆきちゃんはいなかったが、遊びに行ったものだと思い気にしなかった。
・同夕方、長女帰宅。父は夜勤へ。母帰宅。
・午後8時頃 地元警察に捜索願を提出。


ゆきちゃんは普段学校から帰るとランドセルを置き、校庭などで友達と待ち合わせ遊んでいることが多かった。その際は自転車を使っていた。
しかし当日、自転車は家の前に置かれたままだった。
いつも着ているジャンパーが脱いだまま部屋に置いてあった。

目撃情報は多数寄せられたが、いずれも有力な手がかりにはならなかった。


ゆきちゃん失踪事件から3年後、ゆきちゃんの家に3枚の怪文書が届いた。
このあまりにも不気味な文書により、事件から十数年たった今でも事件が語り継がれることとになった。

怪文書は3枚から成り、紙に鉛筆書きの上からボールペンでなぞってある。
以下は、怪文書の全文である。


ミゆキサンにツイテ
 ミユキ カアイソウ カアイソウ
 おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
 コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ
 トオモイマス
 股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ
 シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ
 ニツトめた
 イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ
 裏口ニ立ツヨウニナッタ
 イまハー ケータショーノチカクデ
 四ツアシヲアヤツツテイル

 ツギニ
 スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
 アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ
 ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ 
 アサヤントオもう。
 ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく
 ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。

 モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメス 
 にナッテイタ。
 感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い 
 タ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム
 チャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ
 ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
 モウ春、三回迎エタコトニナル
 サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ
 トオモウ

○ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
 平和希求トハチガウ
 ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ
 ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い
 ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

 股割れは平気なそぶり
 時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス
 コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ
 カンズルニヂカイナイ
 ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル
 オスヲ探しツヅケルマイニチ

 股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタ
 コトハマチガイナイ
 確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ
 キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
 事件ガ大キイノデ、決シテ
 イソグテバナイトオモウ。
○ヤツザキニモシテヤリタイ
 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
○我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ
 コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番
 トホトイトキダ

(原文ママ。文中の○は赤いインクで書かれている。)


この怪文書が届いてから、しばらく後もう一通の手紙が届いている。
内容は、福岡県に住む緒方達生と名乗る人物からの捜査協力の申し出。
ゆきちゃんは既に他界しており、ゆきちゃんの霊の協力を元に、ダウジングで遺体を捜索するというもの。

彼によれば、犯人は顔見知りであり、男女二人の犯行(怪文書の内容とも一致してる)であるという。しかし、この人物は三日後に再び手紙を送っている。

その内容は「ゆきちゃんの霊を邪魔する別の霊が現れ、捜査に協力する事は出来なくなった」というものだった。
TAG :
実際にあった事件事故

ネパール邦人女性失踪事件

ネパールで失跡半年 海外1人旅の29歳女学生

アジア、アフリカなどを回る1人旅に出ていた大阪府*******、近畿大************、南埜佐代子(みなみの・さよこ)さん(29)が、4月にネパールで失跡していたことが分かった。

家族が現地まで足を運んで捜したところ、ヒマラヤ・アンナプルナ登山口の町、ポカラにあるホテルに、衣類などの入ったザックが残されたままになっていた。
ネパールの日本大使館は「なんらかの事件に巻き込まれたのか、事故なのか、断定できる材料はない」といい、カトマンズの警察本部とポカラ警察署が足取り捜査を進めている。

佐代子さんは、アルバイトでためた金を旅費にして去年4月5日に日本を出発した。
東南アジアから中国、ソ連、中近東、アフリカ、インドを経て今年3月末にネパール入りしていた。

ほぼ週に1度は家族に現在地や予定を知らせる手紙、写真などを送ってきたが、4月3日にカトマンズから
「4週間くらいの予定でヒマラヤ・アンナプルナ方面へ山歩きに行く」
という内容の手紙を出したのを最後に連絡を絶った。


泣き声で「苦しい」 世界旅行中に不明の女子大生がネパールから自宅へ最後の電話

大阪府堺市****、近畿大学*****三年、南埜(みなみの)佐代子さん(29)が世界旅行中にネパールで行方不明になり、安否が気遣われているが、南埜さんが八月中旬、自宅に「苦しい」などと泣きながら電話をかけていたことが大阪府警の調べで、29日わかった。

電話は一方的に切れ、最後の音信となった。
調べでは電話にはまず、妹が出て、すぐに母**さん(52)に代わった。
佐代子さんが「ああ、苦しい。……悔しい……」などと泣きながら訴えたので、**さんが「どうしたの」「どこにいるの」などと問いかけた。

しかし、ただ、泣きじゃくるばかりで、しばらくして電話が切れたという。
TAG :
実際にあった事件事故

歯科助手挙式直前失踪事件

挙式を直前に控えて寿退職した21歳の女性が車で帰宅途中にこつぜんと姿を消したまま現在も行方不明に、
後日、自宅の近くで昨日勤め先の歯科医院で退職のお祝いに贈られた生花の花束を助手席に乗せたままの 不明女性の車が発見される。

失踪から1年後不明女性の自宅に謎の電話。

「もしもし、私お姉ちゃんだよ」
という内容だが声は明らかに中年女性のもので問いただすとすぐ電話は切れた。
TAG :
実際にあった事件事故
@車
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
235位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。