スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃ~~!って鳴きながら

876 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/04/08(木) 01:35:30 ID:hUT/Hiso

会話とはちょっと違うかもしれないが…。
昨日、駐車場で車のトランクから荷物降ろしてた時のこと。

駐車場の前の道を歩いてた小学校高学年くらいの男の子が、突然「あ!」って叫んで、満面の笑みで走って駐車場に入ってきた。
男の子の目線の先を見たら、駐車場の奥の畑にキジトラの猫がいて、にゃ~~!って鳴きながら、しっぽをぴーんと立てて、男の子に向かって駆け寄ってくる。

男の子の飼い猫なのかな?って思って見てたら、あと1.5mくらいまで近づいたところで、両者ともピタッと停止。
一瞬見つめあったところで、男の子が猫に向かって

「お前、だれだ?!」

猫の方も、さっきまでご機嫌で走ってきてたのに、なんかシャー!!ってなってるし。

お互いに誰だと思って駆け寄ってたんだよ。
 
スポンサーサイト
TAG :
猫コピペ
子どもコピペ

自転車でどこまでいけるか

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。

ただ、ただ気持ちよかった。
自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。
不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。
泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。

交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。
瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。

今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。

あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。
 
TAG :
子どもコピペ
@自転車・バイク

はなあったか~い

冷え込みも厳しくなってきた朝
かわいい小学校低学年くらいの男の子が前方を歩いてたんだ

自転車で追い越そうとしたときに気付いた
その子耳当て付けてたんだよ
ヘッドホンみたいなやつね

それってふつうヘッドホンみたいに両耳に付けるよね?
だけどその子、横じゃなくて縦に付けてた

具体的に言うとモフモフが鼻と後頭部に来るようにしてた
んでもって唐突に、まわりに友達とか見あたらないのに

「はなあったか~い」

って言ったwwwwwwwwwwwwwwww
ちょwwwwwおまえwwwww天才かwwwwwwwww
危うく吹くとこだったwwwwwwwwと思った次の瞬間

「みみさむ~い」

こんどこそ吹いたwwwwwwwwww
 
TAG :
子どもコピペ

幼稚園の女の子たちの会話

勤め先の幼稚園で女の子たちが集まってなんだか楽しそうにしていたので近くに寄ってみたら

「あっくんは~ちょっと砂場で遊ぶにはいいんだけど~
 おうちに帰ってから一緒に遊ぶには物足りないな~」

「わかる~。おうちに帰ってから遊ぶ相手じゃないよね~」

という会話が聞こえてきた
どこのOLだ
 
TAG :
子どもコピペ

盲導犬と小さい姉妹

286 なごむ [sage] Date:2011/03/11(金) 21:21:38.22 ID:GvITk+uCO

今朝、バスに盲導犬連れたおじさんが乗ってきた。
盲導犬の実物を初めて見たので「やっぱり賢そうだなあ」と思って見てたら、
おじさんの近くに座ってた小さい姉妹の会話が聞こえた。

妹「わんわんだ!ねーたん、わんわんだよ!」

姉「あやちゃん、大きい声で喋ったら駄目だよ。
あとね、あのわんわんはお仕事するわんわんなんだよ。
今はお仕事中だから、遊べないんだよ」

妹「おしごとしてるの?」

姉「お目め見えない人を、ぶつかったり危ない事無いように
お外に連れて行くお仕事をするわんわんなんだよ。
お仕事の邪魔したらいけないから、可愛いけど触ったりしちゃいけないよ」

妹「あのおじちゃん、おめめみえないの?」(心配そう)

姉「そうよ。でも、あのわんわんがいるから、危なくないようにお外に行けるんだよ。
あのわんわんがおじちゃんのお目めなんだよ。
あやちゃん、お目め触られたら痛い痛いでしょ?お目め目隠しされたら困るよね」

妹「うん」

姉「だから、あのわんわんは触ったり邪魔したらいけないの。おじさんのお目めだからね」

妹「わかった。あのわんわんはおめめなんだね。すごいねー」

この姉妹と盲導犬連れたおじさんの近くにいた人達、全員ニコニコしてた。私も口元緩んだ。
盲導犬連れたおじさんもニコニコ。

お姉ちゃんは小学校低学年くらいだったけど、幼児の妹にわかりやすいようにゆっくり説明してて感心した。
 
TAG :
子どもコピペ
犬コピペ
@車

東海道新幹線の女の子

796 :本当にあった怖い名無し :sage :04/09/27 23:37:17 ID:1j2NzGmr

もう10年くらい前の話ですが、東海道新幹線に乗っていた時のこと。
三人がけの窓際に私、通路側に小さな2-3歳くらいの女の子、真中にそのお母さん。

女の子は電車大好きらしく、
「ちっ!かっ!ちぇっ!てっ!はぁいねぇ~!」(=新幹線って速いねー)
と、すごく嬉しそうでした。
まだ「ん」が上手に言えないみたいで、言葉足らずがまた可愛かった。

結構喋りっぱなしでしたが、いかに自分は電車を好きかと延々お母さんに語っており、将来は絶対電車の運転士になりたい、等と言っていました。暴れることは一切ナシ。
周囲もうるさいというよりも、あまりに微笑ましくて、車両全体あたたかい雰囲気。
指定席だったので車掌さんが切符拝見ーと来た時、女の子大興奮。

「あっ!!ちっ!かっ!ちぇっ!の、はぁ(息継ぎ)、うっ!てっ!ちゅさんだ!かっこいいー!!」
(=新幹線の運転手さんだ、格好いい!)
まさにかぶりつかん勢いw

で、白い制服に帽子の車掌さん。「新幹線好きなの?」と女の子に。
女の子更に大興奮。またもや自分は将来電車の運転士になりたい話をする。
車掌さん、とても優しい笑顔で、自分の白い帽子をちょこんと女の子にかぶせて、彼女たちの降りる駅までかぶってていいよ、と。

その後は本当に女の子が嬉しそうで、周囲の私たちもとても楽しい時間でした。

蛇足。
一応夜で窓の外は見えなかったんだけど、やっぱり窓側がいいかと思って女の子のお母さんに
「良かったら席替わりましょう、どうぞ」
と言ったところ、その前の段階で女の子はお弁当等の車内販売にも興奮しまくりだったため、
「通路側でいいです、うるさくてごめんなさいね」
とお母さんもとても丁寧な人でした。

始終優しい静かな声で女の子と話していたお母さんにも好印象。

当時新幹線は仕事で月イチ以上で乗ってた私でしたが、女の子のことも車掌さんのことも、今でも忘れられないあたたかい思い出です。
 
TAG :
子どもコピペ
@電車

3歳の息子の武勇伝

3歳の息子の武勇伝です。

息子と2人で電車に乗っているとき。
車内は結構、込み合っていたので、息子は私の膝の上に座っていました。

駅に着いたとき、70才代のおばあちゃんが乗ってきたのですが、空いてる席がありません。
私と息子は立ち上がり、席を譲ろうとしたとき…
30才代のいかにも元ヤン的な女性が、ダッシュでおばあちゃんを押し退けて近付いてきて、席に座ってしまいました。
あまりの素早さに、私もおばあちゃんも周りの人もビックリ。

女性はおばあちゃんに譲るために、空いた席だと分かっているはずなのに、しらんぷり。
だんだん怒りが沸いてきて、これは一言、言わなくちゃ…と思っていると、息子が。

『ここは、あのばぁばのお席だよ。
 おばちゃんも少しばぁばだけど、もっとばぁばがいるからね。
 じぃじとばぁばには、お席を譲りましょうって、しまじろうが、言ってたよ。
 分かる?おばちゃん。』

顔を赤くしながら、必死で言う息子。
言われた女性は、バツが悪そうにそそくさと別車両に、うつっていきました。

その後、おばあちゃんからは、ありがとうと頭を撫でてもらい、
周りの人達からはしっかりした子ねと褒めてもらい、嬉しそうにしている息子でした。
 

 
TAG :
子どもコピペ
@電車

ネコの真実

友人の姪(1歳半)が生の猫を見た事がないという。
自分の家も、友人実家、友人姉の友人も猫を飼っておらず、近所に特に野良猫や外猫もいないらしい。

しかしペットショップで子猫を見せたら
「欲しい欲しい!」
となりそうなので私の家に猫を見に来る事になった。

最初喜んで「にゃんにゃのおうち!」とか言ってたのに、私のうちの猫を見たとたんに絶句。

仰向けで後ろ足をコの字型に開き、尻尾の長さも入れれば4~50センチの巨体。
一瞬で表情が凍りつき、何か「見てはいけないものを見てしまった…」という顔。
大人もこの反応に驚いて一瞬黙り込んだらぼそっと

「なない(長い)ね…」。

イラストやTVの、コタツで丸くなりサイズは1歳半の子が軽く抱っこできる位の物を想像してたらしい。
それでも気を取り直して「にゃんにゃー」と撫で始めたが、猫が気持ちよさそうに
「ゴアァァァ~ン」と鳴くと

「にゃんに……にゃんにゃ?」と疑問系に。

そして私のほうを見てまた「にゃんにゃ?」と聞いてきたので
「うん…ごめんね。」と言うと
やるせない顔でちょっと撫で、頂き物のケーキを食べて帰って行ってしまった。
 
TAG :
猫コピペ
子どもコピペ
@家・自宅

一番大事なもの

地元の小さい遊園地で、遊具の順番待ちの列に並びながら、幼稚園に上がりたてぐらいの女の子とその父親。

父「パパもママもねぇ、○○が世界で一番大事なんだよ」
娘「そうなのー?」
父「そうだよ。パパとママにとって○○より大事なものはないんだよ」
娘「ふーん、ありがとー、○○もパパとママ大好き」
父「ありがとう。じゃ、○○の一番大事なものもパパとママかな」

娘「ううん、ネギトロかなー」
 
TAG :
子どもコピペ
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
202位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。