スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小屋の二階

洒落にならない話なんだけど、怖いかな?
あんま自信ないけど、俺、このことで警察にも呼ばれたから、まぁ洒落になってねーなってことで。

昔、まだ学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。
メンバーのほとんどが貧乏学生だったんで、友達に聞いた、安い民宿で泊まることにした。

民宿のすぐ隣に、古そうな小屋みたいな家みたいな建物が建っていた。
ボロいんだけど、妙にでかい。
その建物を見て、メンバーの中の霊感強めの女の子が震えだした。
「2階がヤバイ。」「こっちを見てる。」みたいなことを言って、
「こんなところには泊まれない。」って、帰ってしまった。

夜、メシ喰って花火もして、何だか退屈になってきたんで、隣のでかい建物に行ってみよーぜってハナシになった。
女の子のうちで2人は反対したんで、男5人、女2人。

いざ来てみると、けっこう雰囲気が怖い。
一階にでかい戸があって、開けてみると、納屋っていうか、農機具とかが置いてある土間だった。
天井で、ゴトゴトと何かが動くような物音がしたと思うと、外にいた奴らが「電気ついた、電気ついたよー。」と言いだした。
いったん外へ出てみると、上の方の窓から明かりが漏れている。

「やばいって。」「怒られるんじゃねー。」

みたいなこと言ってると、窓が開いて、にゅっと首が出てきた。
明かりが逆光になって顔が黒い。
俺はかなりびびっていた。すると、その首の持ち主が手招きした。

「おーう、そんなとこにいないで、上がってこいよ。」

意外に若そうな声だった。ちょっと安心した。
酒もあるし、という誘いにのって、じゃあ上がろうかってことになった。

一階の壁際に上にのぼる階段があった。
初めは明かりが無くて暗かったけど、 途中の踊り場からは、上から照らされてほんのり明るくなっていた。

開けっ放しの扉から中にはいると、 30くらいの男が、テーブルの向こう側に座っていた。
テーブルの上には、料理とビールが置いてあった。
部屋の中は、インドっぽいというか、木彫りの置物や楽器が置かれていて、 極彩色の神様や映画のポスターなんかが貼られていた。
ムチャクチャ広い部屋なんだけど、そのわりに照明が小さくて、隅の方にはほとんど光が届いていない。

「まービールでも飲んでくれ。」

そう言って、ビールと料理を勧められ、 俺たちは、その男と酒を飲んだ。
男がインドへ旅行した話や、最近の音楽の話なんかをした。
CDがかなりのボリュームで鳴っていたので、気になった女の子が聞くと、「大丈夫だ」と男は言って、更に音量を上げた。

ふと時計を見ると、もう遅かったので帰ることにした。
男は、倉庫の入り口まで見送ってくれた。

次の日の朝、朝飯を食っている最中に、民宿のおばちゃんが、 「昨晩あの建物に行ったのか?」と聞いてきた。
「行った。」と答えると、おばちゃんは「何もなかったか?」と、しつこく聞いてきた。

帰りの車の中で、残っていた女の子に「昨日はうるさかったんじゃねーの?」と聞くと、「それほどでもかったけど・・・・」と言ってから、こんなことを言った。

「あの時、音楽が聞こえてきたんで、何やってるんだろう、って思って、窓からあの建物をみていたら、明るい窓の下に小さく明かりが灯って。
で、また消えたと思ったら、一階の戸が開く音がしたんだ。」

すると、昨日行ったメンバーのうちでMって奴が、それを聞いて「マジかよ・・・」とつぶやき、話し出した。

「あの倉庫から階段上がった時に、踊り場あっただろう。あそこの壁に、わかんにくかったんだけど扉があったんだよ。
その時は、なんだろうって思ったけど、別に気にしてなかった。
で、帰る時にその扉がほんの少し開いてたんだ。俺、見間違えたのかな?って思ってたんだけど・・・」

「え?・・・ってことは、俺らが飲んでたのって3階なの?」

俺は、ちょっとあせって聞いた。

「じゃあさ、1階に入った時、上で物音してたじゃん。あれって・・・・」

思い出してみれば、おかしいところはいくつもあった。

俺らが1階の倉庫みたいなところに入るまで、3階?の窓は真っ暗だった。
あの階は一つの大きな部屋しかなかったはず。
じゃあ、あの男は、俺たちが来るまで、暗闇の中で何をしていたのか?
そして、あの料理。一人で食べるには多すぎる量、だけど温かかった。
誰かが来るのを待っていたのか?明かりを消して?俺たち以外の誰を?

そんなことを車の中で話すうちに、なんだか気味が悪くなってきた。
「イヤな感じだな。」「後味悪~い。」なんて言いながら帰った。

帰ってみると、先に帰ったはずの女の子が失踪していた。
一緒のアパートに住んでる人に聞くと、あの晩、部屋には戻ったらしい。
が、いつの間にかいなくなっていた。
部屋は荒らされたり、片づけをした様子もなくて、ただ、フツーに買い物に出たような感じだった。

彼女は、まだ見つかっていないそうだ



以下、後日談。



このスレの前の方で長文カキコ >>185-189したんだけど、あのあと、ちょっとした新展開があったんで、ホソク。

一連の話をカキコしたあと、あの時のメンバーの一人(以下A)にtelした。
別に何かを期待してたワケじゃなくて、何となくケジメみたいな感じで。
したら、Aが、ちょっと情報持っててビクリ。
先にtelしとくんだったなーって思いながら話を聞いた。


**************************** Aの話 ********************************

あの民宿を紹介してくれた奴(以下B)と、仕事上のつき合いで再会した時、あのでかい建物の話をした。
あれは、地元の共同倉庫&集会所だったらしい。
でも、新しい集会所ができて使われなくなったんで、しばらく放っておいたのを、外の誰かが土地ごと買った。

で、いつの間にかあの男が住んでいた。
あの男が、何をして暮らしているのかは誰も知らなかった。

「なんでそんなこと知ってんだ?」って聞いたら、Bが泊まった時、例の民宿のおばちゃんが話してくれたらしい。
軽い感じで喋ってたけど、あそこにはあんまり近づかない方がイイって言ったそうだ。
なんでも、地元の人達ともめ事を起こしている最中だと。

でも、Bと友達は夕暮れ時にそこへ行った。
そこでBは、倉庫の天井から魚が吊してあったのを見た。スゴイ臭かったらしい。
その後、天井の方から大きな音がしたので、Bたちは、ヤバイと思って慌てて外に出た。

で、その夜、あの建物の方から、数人の男が言い争う声がしていたのが聞こえたそうだ。

Bの話はこれで終わり。
もう一つ。

あの時失踪した女の子(以下S)が見つかった。
その辺の事情はCが詳しいんで直接聞いた方がイイ。

*************************** Aの話終わり *****************************



次の日、俺はCに電話をかけた。
CとSとは、田舎が同じだったこともあって、あの時のメンバーの中では一番仲が良かった。


*************************** Cの話 **********************************

Sが失踪してから1年ぐらい経ったある日、私の家にSの母親から電話があった。
あの日のことについて話が聞きたいという。で、近所の店で会って話をすることになった。

その時にS母が語ったことによると、実はSは失踪してから1ヶ月後には見つかっていたらしい。
場所は実家の近く(詳しいロケーションは聞いてない)。
ただ精神に異常を来していたので、学校や友達には失踪中ということにしておいたらしい。
私も黙っているように頼まれた。

なぜ失踪したのか?失踪中はどこで何をしていたのか?
親や病院の人が聞いても何も答えない。
ただ一言「ひさゆき」っていう名前を、一度だけつぶやいた。

それで警察は、関係者の中にそんな名前のヤツがいたかどうか、もう一度チェックしたらしい。
でも、居なかった。

Sはまだ病院に通っているけど、ずいぶん回復しているようだ。
会ってないけどS母が電話をくれた。
だから私も、もう人に話してもイイかなって思った。

ただ、あの日のことについて、Sは覚えていないのか、口にすることはないそうだ。
警察は私らにも「ひさゆき」って名前の奴のこと聞いたのかな?
どうだっけ?私には覚えがない。

**************************** Cの話終わり ******************************


俺も、警察がそんな野郎の事について聞きに来た事は覚えていない。
Sが無事だったのは良かったけど、何か後味が悪い。
Aの話もいまいちつながらないし…

ま、一応後日談って事で。急いで書き込んだんでわかりにくいな。スマソ
 
スポンサーサイト
TAG :
ヒサルキ関連
洒落怖
@ホテル・宿泊施設

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所はぼやかして書きます。

そこの施設内で、たびたび動物の惨殺死体が発見されるのです。
そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。
「きらきらさんってなに?」と聞くと両目を両手で隠し「しらない」としか言いません。
そこの職員も「きらきらさん」がなんなのか、さっぱりわからず不気味に思っていました。

あるとき、施設内の庭に子供達を連れ出したとき私と手を繋いでる男の子が小さく「あっ」と声をもらし、「きらきらさんだ」と言って、青空の一点を見つめます。

私も空を見つめましたがなにも見えません。

ふと気がつくと、他の子供達も徐々に「きらきらさん」に気がついたらしくひとり、またひとりと空を見上げ、結局その場の子供達全員が同じ空の一点を見つめているのです。
「きらきらさん」に向かって、にこにこ手を振っている子もいます。

とても晴れ渡った明るい昼下がりに、突然起こったこの不安な静寂に耐え切れず、私は手を繋いでいた男の子の前にしゃがみこみ、
「なんにも見えないよ?きらきらさんってなんなの?」と問いかけました。
するとやはり、両目を両手で隠し「しらない」というのです。
私は彼の両目を覆っている両手をはずし「私も知りたいなー。教えてよ」と言いました。

すると。

その子はいきなり、両手の人差し指をおもいっきり突き出し私の両目を衝こうとしたのです。
驚いてシリモチをついたので、その攻撃を避けることができましたが、今度はその突き出した両手の人差し指を、同じ勢いで、なんのためらいもなく彼は自分の両目に突き刺したのです。

あまりのことに我を忘れて私は彼に飛びかかり、押し倒し、さらに力を込めて自分の目にねじ入れようとしている小さい両手を必死に押え、

「だれかっ!だれかああぁあ!!たすけてったすけてぇぇぇ!!!」

と絶叫していました。
子供とは思えないような力でした。

私ともみあううちに、彼は自分をとりもどしたのでしょうか。
ふいに「目が痛いよーーー!!痛い痛いよーー!」と泣き出しました。
まるで今ケガに気がついたように。
すぐに病院に連れて行き、失明を免れることはできましたが、後遺症は残ってしまいました。

私は今まで、この体験は集団ヒステリーのようなものだと思っていました。
または空想の産物の共有みたいなことが起こっていたのかもと解釈していました。
しかし、おそらく時も場所も違うにも関わらず、「ヒサルキ」という話が存在し、「きらきらさん」を体験した私がいる。

言葉をうまく操れない子供達は得体の知れないものに対して勝手に名前を付け、親しんでしまうことがあります。
大人があるときふと耳にする聞きなれない子供達の「造語」に立ち入ってはいけない場合があるのではないか・・・・

ここにきてそう思いました。
 
TAG :
ヒサルキ関連
洒落怖

ヒサルキ

最近、保育園で保母さんをやってる友達に聞いた話。

その子が行ってる保育園ってお寺がやってるとこで、すぐ近くにお墓があったりする。
お墓に子供が入っていたずらしないように、周りに柵がしてあるんだけど、柵の杭の尖った先っちょに、虫やトカゲなんかが串刺しになってることが良くあるらしい。

園児のイタズラかもしれないけど、お寺も兼ねてる保育園だから、けっこう人の出入りは多くて、広場で小学生な
んかがしょっちゅう遊んでるから、誰がやってるのかわからない。
まぁ鳥のせいかもしれないし~って感じで、誰もたいして気にはしてなかった。

ところがある日、その柵にモグラが刺さっていた。
さすがに哺乳類はグロいんで、すぐに園長先生(=寺のお坊さん)が片づけてくれた。

で、しばらくすると、今度はネコが突き刺さってた。
これはさすがに酷かったんで、保母さんやお坊さんが集まって、誰の仕業か?どうしたらいいのか?って話をした。
でも、犯人はわからないし、再発防止の名案も出なかった。
結局、どーするんだろうね~ってムードでダラダラと時が過ぎて、ある日、ウサギが突き刺さってた。
保育園で飼っていたウサギだった。これは、友達が見つけたらしい。
早朝に、お坊さんがお墓の掃除に行った時には無かったのに。

その日は、たまたま友達より早く来ていた子供がいたんで、その子に何か見た?って聞いてみた。
その子は一言「『ヒサルキ』だよ。」って言った。
「『ヒサルキ』ってなあに?」と聞いても上手く説明できないみたいだった。

あとで、ほかの子に『ヒサルキ』の事を聞いてみた。
みんな知っていた。でも、誰も『ヒサルキ』がどんなモノなのか説明できなかった。
子供達は、ウサギが死んだのを、あまりかわいそうだと思っていないようだった。
何となく、しょうがない、みたいな感じで醒めていた。

変だと思ったのは、『ヒサルキ』のことは、園児の親も知らなかったこと。
子供がそんな言葉を使っているところも、誰一人覚えていなかった。
テレビや本のキャラでもなかった。

すると、保母さんの一人が、昔そんな名前の絵を見たことがある、と言い出した。
子供が描いた絵は返してあげるので保育園には残っていない。
ただ、絵を描いた子がその保母さんの近所の子だったので名前を覚えていた。

「その子に聞いたら・・・・」と友達が言うと、その保母さんは「引っ越した。」と答えた。
そして、「その引っ越しが変だったんで、覚えてる。」とも言った。

なんでも挨拶もなく、急に引っ越していったらしい。
さらに不思議だったのは、引っ越す時にチラッと見たらしいんだけど、その絵を描いた子が両目に眼帯をして車の中に座っていたんだって。
それで、どこへ行ったのかはわからずじまい。

それからニワトリが串刺しになったのが最後で、『ヒサルキ』騒動は終了。
結局、犯人も『ヒサルキ』の正体もわからずじまい。
前みたいに虫なんかは突き刺さってるみたいだけど。

終わりです。

昼休みに急いで書いたから、文章荒れてる?洒落になってるし。スマソ。
で、誰か『ヒサルキ』って知ってます?
 
TAG :
ヒサルキ関連
洒落怖
Welcome!
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
最新コメント
月別アーカイブ
記事タグ一覧

意味がわかると怖いコピペ @家・自宅 意味がわかると笑えるコピペ 人間が一番怖い @学校 洒落怖 下ネタ 復讐コピペ 家族系コピペ @会社 @車 @病院 @電車 @山・森林 言葉遊び @PC・ネット 猫コピペ @飲食店 「えっ」シリーズ 長編怖い話 ブラックジョーク @携帯・メール 意味がわかると可哀想なコピペ @海外 @風呂・トイレ @電話 意味がわかると怖くないコピペ 犬コピペ パロディコピペ 化物・神様 @ホテル・宿泊施設 実際にあった事件事故 オチが秀逸なコピペ @廃墟 @スーパー・コンビニ @公園 ギャルコピペ もぅマヂ無理。シリーズ @エレベーター 記事一覧ページ 女コピペ 子どもコピペ 怖イイ話 会社コピペ 虫コピペ 意味がわかると泣けるコピペ @夢 叙述トリック @ゲーム @寺・神社 日本好き系コピペ @トンネル @海 @川・水辺 2chであった怖い話 @自転車・バイク 痛いコピペ 読み物系 伝承怖い話 ナポリタン系コピペ Tさんシリーズ ヒサルキ関連 擬人化シリーズ 宗教系怖い話 意味のないコピペ くねくね関連 @異世界 「軍靴の足音が聞こえてきました」シリーズ タイムスリップ・タイムリープ @遊園地 

リンク
メールフォーム

お気軽にお待ちしています。
管理人に連絡等ございますときにもご利用ください。

◇お名前:
◇増やしてほしいコピペ:

怖いコピペ
意味がわかると怖い
笑えるコピペ
笑えるコピペ2
泣けるコピペ
なごむコピペ
スカッとするコピペ
謎解きコピペ
その他コピペ
◇コメント:

べんぴねこボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
235位
アクセスランキングを見る>>
Ranking
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。